読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

行っチャオ!南スペイン&ポルトガル! その前に…なぜかモロッコのタンジェで1泊

私達夫婦が、今回の夏休み2週間の旅行先として選んだのはスペイン。

どうせ、スペインに行くのならお隣のポルトガルにも行こうと言う主人Fabcinoの提案で、この2カ国を周る事に。

 

イタリアからスペイン南部への安い航空券を探して、インターネットをさ迷う事1週間。

私からの最安値航空券の提案は・・・RYANAIR利用 イタリア/ベルガモ空港発モロッコ/タンジェ着と言うFabcinoにとっては意外なものでした。

 

 なぜかと言うと、去年のトルコ旅行でFabcinoさん、お腹をひどく壊しまして、もうイスラム圏には行きません!と、断言してましたんで。

 

「なんでスペイン行くのに、モロッコ経由なんだぁ~?!」と、納得の行かないご様子。

でもね、イタリアからマラガやセビリアへの便は人気が高いので料金も高目で、片道180ユーロもするんですよ。

それが、モロッコの北端、スペインと目と鼻の先のタンジェなら片道60ユーロ!

お得でしょ??

 

私のこの安易な判断は、後に安物買いの銭失いであった事が、すぐに発覚するんですけれど、この時の私には超お安いチケットに見えちゃったんだな~(モロッコにも行ってみたかったし)。

 

で、結局私に押し切られる形で航空券を予約。

でもね、この航空券朝6:30ベルガモ発だったんです。

空港に1時間前に到着するには、ベルガモで1泊するしかないですね。

しかも、夜遅くにチェックインして、朝の4時にはチェックアウトするのに、イタリアのホテル代って結構高くて1泊80ユーロ以上・・・

あらら??そんなもったいないお金出せません~!!ってことで、

私達、夜中にベルガモ空港に到着して、空港で一夜を過ごしました。

 

ベルガモ空港には、同じようにホテル代を浮かしたい旅行者が、たくさん夜明かししてまして、私達も皆さんと一緒に床にゴロ寝。

当日まで仕事だったFabcinoが、文句タラタラだった事は言うまでもありません。

朝は、3時半から掃除の人達に起こされ、激しい寝不足のまま、私の持って来たおにぎりにかぶりつく不機嫌なFabcino。

ごめんね~。

 

 

ベルガモ発、タンジェ行きのRYANAIRの飛行機は約50分遅れで飛び立ち、地中海上空を通って、ジブラルタル海峡を超え、モロッコ南端の街、タンジェへ。

 

空港から、タンジェの街への交通手段はタクシーしかないらしいんですが、ちゃんと固定料金が表示されていて旅行者には親切でした。

空港から街の中心Grand socco広場までは100MAD(約1200円)。

 

ホテルを探して、迷子になっていたら、道案内を買って出た少年にあとで1ユーロ請求されました。

モロッコでは、道案内してお金を!って輩が観光客を待ち構えているんです(小さい子供もね)。

 

 

早速チェックインしたホテルは、Dawiz Hotel Tangire。1泊朝食付で88ユーロ。

今回の旅行では一番お高いホテルとなりました。

 

       タンジェ ホテル

 

タンジェのホテルって、事前に予約しようと思うと結構お高いホテルしか情報が出て来ないんですよね。

しかたないので、ここはExpediaのホテル予約サイトから予約を入れました。

 

メディナからは歩いて7分位。英語の上手な女性がレセプションで対応してくれました。

部屋からの眺めがとても良かったです。

※(2012年)booking.comでホテルの予約ができるようになりました!

 せっかくモロッコに来たなら、こんなホテルに泊まると思い出も倍増♪

Dar jameel 』建物の作りもモロッコっぽくて宿泊料金も50€弱とお手頃。

タンジェの散策にも便利でフェリーポートにも近い。ロケーションも宿泊者の評価も良い♪

 

 

早速メディナをお散歩。

メディナの中は、お店と買物客ですごく賑わっていました。

      タンジェ メディナ 2     タンジェ メディナ 3     タンジェ メディナ1

 

去年行ったトルコにとても雰囲気が似ていましたが、モスクがあまり目立たないのと、

モスクからのアザーンが聞こえないので、イスラム色はトルコ程強く感じませんね。

また、カスバ(城塞跡)の周辺の迷路のような小道を歩いてメディナに向かうと、

こんな路地がたくさんあります。お散歩するのに良い感じです。

 

      タンジェ 街1     タンジェ 街2     タンジェ 街3

 

お昼を過ぎて、お腹も減ったので、カスバの門の前のMarhaba Palaceと言うレストランでクスクス料理を頂きました。

私は、香辛料の利いたモロッコ料理は結構好きです。

でも、モロッコの一般的な物価から考えたら、野菜3皿+クスクス2皿+お茶で合わせて34ユーロ&チップって、かなりお高い。

 

お茶は、甘いミントティーがモロッコの特徴みたいです。

このレストランは、観光客のツアーも利用するらしく、ツアーの団体(この時はイタリア人)が到着すると、モロッコ音楽の生演奏があり、その演奏に合わせてベリーダンスの踊り子さんが 1人現れて踊ってくれました。

 

でも、ちょっと恥ずかしそうに踊るので、こっちまでなんだか気恥ずかしくて・・・。

ベリーダンスを踊るなら、腹を決めて踊って頂きたい!

 

 

翌日は、フェリーでスペインに渡りました。

フェリー会社は数社あって、予約は必要ないようでしたが、乗船者は出発時間の1時間前にはターミナルに到着して出国手続きを受けフェリーに乗り込みます。

 

 

私達が選んだのはFRSと言う会社で、フェリーでスペインのタリファに渡り(所要時間30分)、そこから専用バスでアリヘシラスへバス移動(所要時間20分)。

 

1人片道370MAD(約4,500円)モロッコでは、ホテルもスペインより高いし、フェリーも意外と高かったし、観光客が利用するようなものは概ねヨーロッパ並みなので、諸々考えると、結局ちょっと安い航空券を買ったつもりが、結果的には全然安上がりにはならなかった・・・と言う残念な結果になりました。

空港の床の上で寝る羽目にもなっちゃったし・・・。

 

教訓:目先の安さに安易に釣られてはいけません。スペイン旅行へ続く・・。