読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

美しい橋の架かる町 ロンダ1泊2日

 1泊2日で初めてのモロッコの町タンジェを後にし、フェリーでスペインへ上陸。

タリファの港で、スペインへの入国審査を済ませ、待機していた専用バスで

アルへシラスAlgecirasに到着。

アルへシラスのフェリーターミナルは拡大工事中でした。

 

 

 

ここアルへシラスから、美しい橋で有名なロンダRondaへ、列車で移動します。

列車の駅は、フェリーターミナルから、大通りに出たら左手に曲がり、「駅」の表示を見て右へ曲がる。(こんな説明じゃ分からん!)

徒歩10分といった距離です。

 

私達は、Algeciras12:15発→Ronda14:10着の便に乗車(片道1人7ユーロ)。

 ロンダへのアクセスはこちらで検索しました。

 

アルへシラスAlgecirasから、ロンダRondaは乗り換えもなく、車窓からの眺めも素敵で、のんびり列車の旅を楽しみました。

 

この地方の家は、大体白壁にオレンジ色の瓦屋根に黄色い窓枠↓こんな感じ。

ちなみにこれは駅。

 

     夏休み アンダルシア駅

 

 

この地方、夏は一面に咲き誇るひまわり畑で有名ですね。

私も、もしかしたら少しは美しいひまわりを見られるのでは・・・と、淡い期待をしていたのですが…、8月9日現在こんな感じ↓

 

        夏休み 枯れたひまわり

 

見事に枯れております

これが、見頃の6月後半から7月前半の頃は、どんなに美しいことか…。

 

 ロンダの駅からは、歩いてホテルへ移動。

途中、バスターミナルで明日のバスのチケットを買おうとしたのですが、窓口が全て閉まっています。

なぜに~??と、分かりもしない表示を眺め回しました所、イタリア人の主人には理解できたようですね(単語が似ているので)。

このRondaのバス会社の窓口は、バスが出発する1時間位前しか開かないらしいです。

本日のホテルはこちら↓Husa Reina Victoria

 

            夏休み ロンダ ホテル

 

Booking.comのサイトから予約しました。

朝食なしでダブル1ルーム1泊68ユーロ。

 

 このホテル、渓谷を見下ろせる広い庭があり、とっても素敵なのですが、「もうすぐ身売りするのかな?」ってくらいになんだかなげやり(?)な空気が流れております。

まず、レセプションの対応からして3流ホテル。

プールもあるにはあるけど使用できません。でも、細かい事を気にしなければ、本当に

お値打ちのホテルでした。

 

さて、早速観光開始。この街の顔とも言える「ヌエボ橋」に向かいます。

この橋、大昔に車だったかな?忘れちゃいましたけど、とにかく何かのCMで使われてまして一目ぼれ。一度見てみたい!と思っていたんです。ミーハーですから。

『Ponte Nuevo』切り立った渓谷の両岸を結ぶ橋です。

橋の上から対岸を撮った写真↓

 

 

        夏休み ロンダ 橋 断崖

 

 

渓谷の下まで坂道を下って撮った写真。

左上に有名な国営ホテル↓「パラドール・デ・ロンダ」が見えます。

      夏休み ロンダ 橋 横

私もこのパラドールに宿泊してみたかったっ!!!!

(宿泊日にもよるけど)1室90ユーロ位~でスペインのパラドール体験できるなんて、絶対お値打ちです!しかも、最高のロケーションだし。

映画『アンダルシア』の中で織田くんと黒木メイサちゃんが泊まっていたのは、多分このホテルなんじゃないかと。

予約がかなり取れにくそうだけど、もし、幸運にも空室を見つけたら迷わず予約を!!(空室をチェック)

熱烈おススメネコの肉球2

ついでに映画『アンダルシア』もなかなか面白いのでスペイン旅行前の予習におススメネコの肉球2

 

写真では、あまり伝わりませんけど、本当~に美しい橋でした。

ロンダは、小さな町なので半日歩けば見所は周れます。

なんだか品のある素敵な街でした。その他の写真↓

 

     S ロンダ 街並み2 夏休み ロンダ 城壁と街並み

            夏休み ロンダ 闘牛場

 

 この日の夕食は、スペインで始めてのBar体験。

国営ホテルパラドール前の広場の反対側の小さな道(レストランがたくさんあります)のちょっと奥のBar『LA GIRALDA』で、この旅初のスペイン料理を頂きました♪

タパス4品+生ハム+チーズ+パン+グラスワイン+サングリアで27ユーロ。

美味しかったです。

 スペインの生ハム、イタリアの生ハムより味が濃くて美味!

            S ロンダ 食事

 

 さて、翌日。

ホテルでの朝食は含まれていなかったので、出発前に何か食べようと、ホテルを出た私達。

歩いてすぐに見つけました『生ハム専門店』!!主人のFabcinoは「美味しい生ハムのためにスペインに来た」と、言うくらいこちらの生ハムを楽しみにしてまして。

お店の名前は『La casa del jamon』ロンダとマルベラにお店があるようです。

 お店の方もとても親切でした。

      夏休み ロンダ 生ハム お店 夏休み ロンダ 生ハム おじさん

 

 ここで、最高級の生ハム ハモン・イベリコ200g(100g=約1500円)とチーズと赤ワインを買ってアラメダ・タホ公園で美しい渓谷を眺めながら朝食。

この生ハム、お値段も驚きでしたが、記憶に残る美味しさでした。

表現が難しいんですけど、牛乳の旨味をギュギュっと凝縮したものがチーズなら、

豚肉の旨味をギュギュっと凝縮したのがこの生ハムかな?かなり塩味効いてますけども。

ロンダのお勧めスポットにこの生ハム専門店『La casa del jamon』を強~くお勧め致します。絶対食べるべき!

 

 この朝食を食べた公園。

とても広くてお掃除も行き届いていて花と緑にあふれていて、気持ちが和みました。

夜中も結構人が歩いていまして、市民と観光客の憩いの場なんでしょうね。

こんな安全で素敵な公園があるって事でも、スペインの良さを実感します~。

さて、大満足の公園での朝食を済ませ、チェックアウト。

 

乗る予定にしているロンダ発→マルベラ行きのバスの出発30分前に窓口へ行きますと

「満席です!」のつれないお返事

あちゃ~、やられた~!!次の便は6時間後。

それじゃぁ、マルベラ経由の最終目的地ミハスに今日中に辿りつけない!!

困った・・・。

駅にも行ってみましたが、このルートは列車もないそうで・・。

で、結局、予定を変更して2時間後のロンダ発マラガ行きに乗る事にしました。

今日中にミハスに辿り着けるんだろうか?

なんだか雲行きが怪しくなってきたな・・・まずい。

 

マラガからミハスへ・・次回につづく。