読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

セビリア 2泊3日

コルドバ15:30発のセビリア行きのバス(1人10.36ユーロ)でセビリアへ。

何気なく目に入った温度計が示した温度は43度! !まじで?! 

 

恐る恐る降り立ったセビリア・・・「あっつい」。

こんな暑さの中、宿泊先を探してウロウロしていたら、暑さに弱い私は熱中症にやられてしまうので、ここは贅沢にタクシーで移動。

本日の宿泊先『La casa del pozo santo』は、ホテルではなくてアパートメントなんですが、口コミを読んだ限り自力で見つけるのは難しいらしいんです。

実際、タクシーの運転手さんもアパートメントを見つけられず、私達は近くで下ろしてもらって、自分達で探しました。

こちらが、本日の宿泊先↓ 

 

     S セビリア アパート キッチン  S セビリア アパート リビング  S セビリア アパート 寝室

 

 キッチンには、大きな冷蔵庫、食器洗浄器、乾燥機付き洗濯機がついていて、自分で調理もできるように色々揃っています。

リビングも素敵。ベットルームはちょっと小さめ。1泊65ユーロ。

ここも、やっぱりBooking.com のサイトで見つけて予約。

 

セビリアには、たくさんアパートメントがあるんですけど、管理人さんは常時いないので、到着前に電話して何時にアパートメントに着けるのか知らせなくてはいけなかったり、チェックアウトの時は自分でゴミ出ししたり、ホテルに比べれば面倒と言えば面倒なこともありますが、スペインにちょっと住んだような気分が味わえます。

 

セビリアでとっても便利な場所にあるアパートメントならこちら。

Santo Tomas

観光には抜群のロケーション、フラメンコを夜観に行くのにも便利。

 

 さて、荷物を下ろして、いざ!セビリア観光へ!と、思ったんですけど、まずは翌々日のポルトガルリスボン)行きのチケット購入の為、バスターミナルに向かいます。

 

セビリアには、大きなバスターミナルが2つあるようで、ひとつはセビリア大学の近く、コルドバやマラガ等へのバスが発着するようです。

 もうひとつは、チャピナ橋の近く、ポルトガル行きのバスはここから出ています。

 

バスセンターで、パスポートを見せて2日後のリスボン行きのチケットを購入し、

お隣の立派なショッピングセンターの地下で食料の買出しをしました。

 

ここで私達が買ったのは、ブロッコリールッコラなどの野菜・メロン・生ハム・ガスパチョ・パン・紅茶・ヨーグルトなど等。

スペインの物価はイタリアより少し安いような印象です。

大したことはできませんが、2泊分の食料を買い込んでアパートメントに戻りました。

 

 

翌日、セビリアの大聖堂を目指します。

 大きく立派な大聖堂には無料で入れるんですが、なぜか10分後には私達観光客は

皆追い出されてしまいました。

土曜日だったんですけど…なんで?

 理由は今も不明。写真は夜の大聖堂↓ 

 

             夏休み 夜 セビリア 大聖堂

 

 

それで、大聖堂から歩いて3分程のアルカサルに向かいます。

アルカサルは、14世紀頃にスペイン王の宮殿だった建物です。

入り口のライオンもなんだか斬新でスペインっぽくって素敵です♪

  

           夏休み セビリア 王宮 ライオン

 

 

このアルカサル、スペイン王の宮殿ですが、ここもイスラム様式の建築物で、

アラブの匂いプンプンです。

アルハンブラのちょっと小型版みたいな感じ。

 

こちら、宮殿の中庭↓写真の中のアジア人は私です

2.jpg     

 

 

        S セビリア 王宮 天井  S タイル ライオン             

          S 王宮 扉  S 王宮 壁

アラベスク模様。美しいわぁ♡

 

 

アルカサルの見学を終えて、疲れて木陰に座っていたら、となりのベンチに座っていた観光客と思しき男性が、例のジプシー(グラナダの大聖堂前でも見かけた)の怖いおばちゃんに捕まってしまいました。

差し出されたローズマリーの小枝を受け取ってしまったんです。

 

この後は、ジプシーのおばちゃんとその男性の会話。

(男性は一言も言葉を発していませんが)

 

ジプシーのおばちゃん「英語分かる?スペイン語は?」

男性:首を振る。どっちも分からない様子

ジプシーのおばちゃん「これはね、あの大聖堂のローズマリーで○×△(←聞き取れず)」

ジプシーのおばちゃん「あなたに幸運が訪れますように」男性の額に指で記しをつける。

そして男性の手のひらを見て

ジプシーのおばちゃん「愛情運は良いわ、愛よ、分かる?愛」

男性「・・・・」

ジプシーのおばちゃん「健康よ、子供はふたりできるわ」

男性「(僕に??子供??)」みたいなジェスチャー

ジプシーのおばちゃん「そうよ、あんたによ!ふたり!」

ジプシーのおばちゃん「さ、払いな!お金だよ、お・か・ね!」

男性「・・・」困ったように財布から2ユーロを出す。

ジプシーのおばちゃん「たったこれだけ?!?!もっと出しな!!!」

男性「・・・」もうないのジェスチャー

ジプシーのおばちゃん「キッ 」

渡したはずのローズマリーの小枝をひったくって去る。

お~怖っ。皆さん、スペインに行かれたらジプシーのおばちゃん達には十分お気をつけ下さいね。

 

 

セビリア・フラメンコの夜」につづく