読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

なんて楽しいバルセロナ 3泊4日 ①

さて、翌日。

ポルトガルポルトからバルセロナへ、ライアンエアーでひとっ飛び!!

朝8:00にポルトを発ち、10:50にバルセロナに到着。

時差が1時間あるので、1時間50分のフライトでした。

ひとり47ユーロ!空港使用料など全て込みでこの料金。

本当にRYAN AIR、貧乏旅行者の強い味方ですね。ありがたい~!

 

但~し、飛行機は、バルセロナとは言っても、バルセロナの郊外のジローナ空港に到着しますので、空港についてからの移動に若干時間がかかります。

Barcelona busと言うバス会社がジローナ空港とバルセロナ市内を結んでいて、所要時間は1時間15分。

 

おおおっ、バスの窓から遠くに見えるのは憧れのサグラダ・ファミリア!!

長旅で、若干落ち気味だったテンションも再びUP

 

 バスターミナルは、メトロの1号線「Marina」と言う駅から徒歩3分程。

メトロを乗り継いで本日の宿泊先へ向かいます。

今回、私達が3泊するのは、ホテルではなく、大学の寮。

これも、booking.com のサイトで見つけて、予約を入れました。

 

 スペインのホテルは、大き目の観光都市であっても、大体70ユーロ(10,000円くらい)出せば、2人で朝食付の素敵なホテルに泊まれます。

イタリアに比べると、20ユーロくらい安いような印象。

スペインのホテルは、料金・サービス・設備・ロケーション・・色々総合的に考えて、

どこも顧客満足度かなり高目で、私達は大満足でした。

 

 でも、ここバルセロナは、やっぱり宿泊料金も、他の都市に比べて若干高目。

基本的に、1泊60ユーロ以内を予算にホテルを決めていた私は、バルセロナのホテル選びでちょっと迷ってしまいまして。

 

結局、決めたのが『Residencia Universitaria Agora 』。

ここは、本来大学の学生用の寮なのですが、大学が休みの時期などに空いている部屋を一般の旅行客にも開放しているんです。

1泊朝食付2人部屋33ユーロ!安い~♪

 

 

ちょっと奮発して泊まるなら次回はこのホテルに泊まりたい♪→『ヴィラ エミリア

f:id:makicina:20170120164648j:plain

1室150ユーロ~。バルセロナの中心ランブラス通りまでは歩けば20分程度の距離(地下鉄駅も近い)。

 

宿泊施設から「サグラダ・ファミリア」の美しさを堪能するなら『Gaudi's Nest Apartments』。

美しい「サグラダ・ファミリア」のファザードが正面から見れるなんて、最高のロケーション!

 

f:id:makicina:20170120164308j:plain

 

観光に一番便利な場所でお手頃価格&高評価のホテルはこちら↓。

Hotel Lleó』メトロ駅にも近いし、バルセロナの目抜き通りランブラス通りには余裕の徒歩圏。とにかくロケーション抜群です。1泊120€~

f:id:makicina:20170120165621j:plain

 

この日は、もう夕方からの観光になったので、夕暮れ時のバルセロナの中心地をお散歩。

「私、どうしても行ってみたいお店があるんだけど!」と、主人に頼んでつきあってもらったのは、口コミサイトのTripadvisor でチェックしたチョコレートのお店『CACAO SANPACA』

私も主人もチョコレート大好きだし、スペインからのお土産を、「スペイン王室御用達」と言われるお店のチョコレートにしたいな・・・と思っていた私は、下見と舌味(?)の為に早速行ってみる事にしました。

詳しくは、お店のHP を御参照下さい。

スペインのお店って、なんだかモダンでとってもお洒落!!

店内の撮影は駄目って言われたので、外からの写真を・・・↓

 

  

               S サンパカ

 

 

チョコレートの購入はもちろん、奥のカフェみたいな所で飲食もできます。

私達は、冷たいチョコドリンクと、一口サイズの小さいチョコレート4種類をカフェで頂きました。

美味しかったです。確かに美味しいのですが、私はココのチョコレートより、ベルギー王室御用達と言われるGODIVAや、おフランス土産に頂いた高級チョコレートなどの方が好みかも。

 

 確かに、カカオの味はするんですけど…私の求めるこってり感があまりなかったような…。

お値段は結構手頃だったので、お土産にも買って帰ったんですけど、(チョコレート好きな)イタリア人の皆様の反応も、いまひとつだったですね。

むむむ。

 

このチョコレートのお店は、バルセロナの目抜き通りランブラス通りに近かったので、

歩いてカタルーニャ広場を横切り、人と店と大道芸人で賑わうランブランス通りをそぞろ歩きました。

原宿並みの賑わいですね、ここ。 

大道芸人さん達のユニークな発想に驚き、鳥やウサギや鳩まで売られている露天を除き、人の波に飲まれながら、スペインのパワフルで賑やかな夜を堪能しました。

 

この日の夕食は、これまた口コミサイトで見つけた『La luna』 と言うレストランへ。

このレストラン、雰囲気もお味もとても大満足の素敵なレストランでした♪

 

入り口付近は、Barになっていて、奥のテーブル席でお食事ができます。

私は、カモ肉のお料理を、Fabcinoはラム肉の料理を頂きましたが、食べきれない程の

ボリュームもあってすごく美味しかったんです。

店内が暗く、綺麗に写真が撮れませんでしたので、雰囲気だけ・・・。 

 

 

         1 料理

 

スペインらしい料理・・・ではなかったんだけど、イタリアではこんなお料理に出会う事はないので、私達、大満足でした。

(ワイン・サングリア・サラダ等と合計で約50ユーロ)夜中まで賑やかなスペインですが、終電の時間もあるので、夜中前に寮に戻りました。

バルセロナ、なんだかすごく楽しそう~♪

 

 

『スペインで料理教室♪ バルセロナ3泊4日 ②』につづく