読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

サンブール国立自然公園

私達が申し込みをしたGametrackersのキャンピングツアーと言うのは、こんなトラックに↓

 

        ケニア トラック

 

キャンプ用品全てを積み込んで、ツアーガイドさん、ドライバーさん、料理係さんとツアーメンバーで、キャンプサイトに泊まりながら旅をすると言うものです。

決して、乗り心地の良いトラックではありませんが、テントやイスやテーブルなどキャンプに必要なものが一式積み込まれておりまして、途中の町で食材の買出しをし、トイレとシャワーのあるキャンプサイトで食事をとり(料理係さんが用意してくれます)、夜はそれぞれにテントを張って眠ります。

 

 

さて、ナイロビを出発して、お土産屋でトイレ休憩を取りながら、私達のトラックが向かったのは、サンブール国立自然保護区。

私、このサンブールは、ノーマークで名前も知らず、ツアーに含まれているから行ってみただけなんですが、実際行ってみて、「来てよかった~♪」と思えたお勧めのゲームパークです。

マサイマラのような、雄大なケニアの草原・・は、ここにはないのですが、だだっ広いマサイマラに比べて、目指す動物達との遭遇率が高いんです。

 

 

ゲームパーク内に入ってすぐに、ハネムーン中のライオンカップルに遭遇↓     

       ケニア ライオン

 

ケニアでも、なかなかお目にかかるのが難しいレパードは、木の上で小さすぎて見えませんが(○で囲ってみました)、ひとまず見た!と言うことで自己満足↓ 

        ケニア 豹

 

 

 

             チーターの4兄弟↓ 

             ケニア チーター兄弟

 

   象もたくさん、写真は木を相手に遊ぶ小象↓   

        ケニア 象の子供

 

夜は、ゲームパーク内の川のほとりのキャンプサイトで2泊。

この川、サンブール族が洗濯したりしているんですが、運が良ければ(?)ワニも見れます。

オプションで、国立公園の外に住むサンブール族の村に案内してもらいました。

 

子供達も可愛くて、後日行ったマサイ族の村より高感度高かったです。

サンブール族のジャンプ↓

 

        サンブール ジャンプ

 

 

笑顔がとてもかわいいサンブール族の子供↓ 

        ケニア サンブール子供

 

 

Sanburu &Buffalo springs national reserves(正式名称)とってもお勧めです。

「トルカナ湖への道なき道」へ続く