読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

ケニア・ロッジサファリ 【アンボセリ】

8日間のキャンプツアーで、ケニアの未開の地を旅した私達。

ナイロビの町に戻って驚きましたね。

8日前に見た町と全然違って見える!なんて、都会なんだろう

ケニア到着時にも宿泊した「ヒルトン ナイロビ 」。

かなり年季の入った古いホテルなので、到着時は「なんかイマイチだね」なんて言っていたのに…。

キャンプサファリから戻って来ると、蛇口をひねってお湯が出るだけでも感激する単細胞な夫婦。

清潔なトイレに、暖かいシャワー♪なんて有難いんだろうぉ!

 

このホテルは、ナイロビの町の中心に建っていて、立地はとっても良いんです。

ホテル内に(有料だったけど)PCが使えるビジネスセンターもあります。

お土産を選ぶのが楽しいマーケットにも歩いて行ける距離。

ナイロビはとっても危険だと噂に聞くので、安全にナイロビの町に滞在しようと思うならおススメです。

 

 

さて、久々に快適なベットで眠り、翌朝からは「憧れのロッジサファリ」に出発。

ロッジサファリと言うのは、ガイド兼ドライバーと車を1台チャーターして、ちょっと素敵なロッジに宿泊し、ゲームパークを周る…と、言う贅沢なサファリです。

ホテルのロビーで待っていますと、ロッジサファリの手配をお願いしたNature Expeditions Africa の男性が出迎えに来てくれました。

そして、私達を車に案内し、ガイド兼ドライバーのアンソニー(ケニア人)を紹介してくれます。

「彼は素晴らしいガイドで、日本人のあなたの為に選んだ優秀なガイド兼ドライバーだ」云々。

「だから、素晴らしいガイドに満足したら、チップをはずんでやってくれ」。

これを言う為だけに、この人、ホテルまで来たらしいです。はいはい。

 

そして、私達2人を乗せて、アンソニーの運転する年季の入ったバンはナイロビを後にし、最初の目的地であるアンボセリ国立公園へ。

 

アンボセリ国立公園は、特に特徴のあるゲームパークではないのですが、この国立公園からは、キリマンジャロが見える(天気が良ければ)んです!

ミーハーな私としては、美しいキリマンジャロをバックに、動物の写真を撮りたい!!! それだけの為に、遠路遥々向かいましたよ、アンボセリ。

当時、ケニアは、国内の幹線道路を整備中でして。確か、ナイロビ⇔モンバサ間の大掛かりな道路工事を行っていたと記憶しています。

この道路が完成すれば、ナイロビ⇔アンボセリ間も少し早く移動できると思うんですけど、あの頃は結構時間がかかりましたね。

アンボセリでの宿泊は、ちょっとこだわってAmboseli sopa lodge

本当は、公園内にあるロッジがツアーの基本宿泊先だったのに、わざわざ変えてもらったんですけど、これは、大失敗でした~。

ちょっと素敵なデザインのAmboseli sopa lodgeに、どうしても宿泊してみたかった(自分でも呆れるくらい)ミーハーな私。このロッジが、国立公園の外にあり、入り口まで片道40分くらいかかるって事を把握してなかったんです。

ケニアのサファリで大切なのは、早朝。日が昇ると、サファリカーで公園内を動物を探して周るのですが、入り口まで40分もかけてたら、動物達が動き出す一番良い時間帯に公園内に到着できません。

しかも、キリマンジャロが姿を見せるのは、早朝の短い時間が多いんです。

ご覧下さい、ロッジから見た朝の神々しいキリマンジャロ!  

     キリマンジャロ ホテルから

こんな美しい姿は、日の出直後の数十分しか見れません。

(もちろん、天候にもよりますけどね) 私は、絶好のタイミングを見逃してしまう結果に…がっかり

それでも、なんとかキリマンジャロは姿を見せてくれたんですけどね、撮れた写真は、こんな感じ。

象さんが、本当は撮りたかったのに…

       キリマンジャロ ガゼル

トンプソンガゼルかぁぁぁ

ガイドのアンソニーに勧められて、マサイの村にもお邪魔したんですけど(1人20ドル)、マサイの皆さん、商売熱心すぎて、正直がっかりでした。

村長さんは、若くて英語を話し、なんでもタンザニアの学校でキリスト教を学び… クリスチャンなんですって。

インターナショナル過ぎる…。

勝手な事を言って大変申し訳ないんだけど…、インターナショナルなマサイ族には、私、あまり興味がございません。

      マサイ 村   

      マサイ 村人

アンボセリでお会いした動物の皆様                  

        アンボセリ 象   カバ   

       イボイノシシ 2    

この他、ダチョウ(たくさん)、シマウマ(たくさん)、キリン(10頭くらい)等に会えました。

キリマンジャロをどうしても見たい方には、おすすめのゲームパークですが…。

主人のFabcinoは、「なんで、こんなに時間かけてココまで来たのか分らない」なんて言いまして…。

私も、そうね、次回またケニアに来る事があっても、アンボセリは…今回だけで十分かな。

こんな夕日も美しかったんですけどね。       

     ケニア 夕日

 

つづく