読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

ケニア・ロッジサファリ 【ナクル湖】

さて、翌日。私達は、アバーディア国立公園を後にし、レイク・ナクル国立公園に向かいました。

途中、Thompson's fallsに立ち寄り、こんな滝を見学↓

          (人が渡る為の青い橋↓が見えますでしょうか?)

          滝

 

結構、大きくて迫力のある滝です。この滝の周りには、お土産屋が並んでいて、激しいキャッチ・セールスをしています。

ケニアの木彫りを絶対買って帰る!と、ものすご~く楽しみにしている私としては、お土産屋を覗きたい気持ちは山々なんだけど、強引なセールストークにほとほと疲れちゃってまして…。

値段交渉も時間がかかるし、ふっかけられて、ぼられて、カモにされるのも癪に障る。

ケニアでの買物は、本当~に難しいですね。

「自分達も日常生活で、常に値段交渉するんで大変なんだよ」って、ケニア人ドライバーのアンソニーが言ってました。適正価格の定価販売って、なんて有難いんだろうぉ。

ここには、物売りの他に、こんな人達も。

           キクユ

写真1枚1US$。キクユ族の女の子だそうです。愛嬌があるわぁ

また、他の男性は、小さなカメレオンを手に乗せてくれて…1US$。

まぁ、こういうのは楽しいので、私達も写真をパチリ。

 

ナクル湖での宿泊ロッジは、Sarova Lion Hill lodge

ケニアのロッジは、プールがあり、お部屋も素敵です。

出発前は、ロッジのプールで泳ぐのを楽しみにしていたんですけど…結局泳ぐ時間なんてなかったですね。

朝食を食べる→朝のサファリ→ロッジに戻って昼食→ちょっとのんびり(お昼寝)→夕方のサファリ→夕食→就寝

ってスケジュールで、意外と忙しいんです。

 

 

国立公園の入口を通り、ロッジに向かう途中で、「あれ!何??」と、Fabcinoが指差す方をよ~く見ると…。

「あれは、黒サイだね。この国立公園には、白サイは多いんだけど、黒サイを見られるのは珍しい」と、ガイド兼ドライバーのアンソニー

かなり、遠くだったんですけど、到着早々珍しい黒サイに会えて、テンションが一気に上がります。

      黒サイ

レイク・ナクル国立公園は、フラミンゴで有名なのでとっても楽しみにしていた私達。

アフリカへの憧れの強かった私は、映画『愛と悲しみの果て』を、何度繰り返して観たことか…。

ああ…ついに来たのね…。憧れのナクル湖。

レイク・ナクル国立公園で会えた白サイ。とっても近くで見ることができて感動でした。

        サイ ナクル

そして、ハイライトのフラミンゴ。(写真では、あまり迫力ないんですけど) 

        フラミンゴ

本当に、湖の淵がピンク色に埋め尽くされていて美しい!

この湖の辺は、車を降りて歩く事もできます。

レイク・ナクル国立公園。このフラミンゴを見るためだけに来ましたが、大満足でした。

 

『ロッジサファリ マサイ・マラ国立公園』につづく