読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

ケニア・ロッジサファリ 【マサイ・マラ】

さて、私達のケニア旅行もいよいよ大詰め。

最後に残すは、ケニアの国立公園の代表!『マサイ・マラ国立公園』。

宿泊のロッジは、Keekorok Lodge 。このロッジも、これまた素敵でした。

ここのロッジには、歩いて行ける『カバの池』がありまして…。

サファリに出なくても、ロッジ内でカバさん達の姿を楽しむ事ができるんです♪ おお~っ!カバの戯れる姿。

…あんまり、美しくはないですな。匂いも強烈ですっ  

      マサイ マラ カバ

 

 

マサイ・マラ国立公園は、「これぞ、ケニア!!」と、言える場所。

動物の種類の多さや、数もピカイチですけど、地平線まで広がるサバンナを見渡すと…

「ケニアに居るんだ…。憧れのケニアに…」と、勝手にテンションが上がります。

      マサイ マラ 草原

 

ここでも、チーターをすごく近くで見る事ができました。

(3兄弟が木陰で昼寝してました) 

      マサイ マラ チータ

      思い出に残っているのは、この仔。何だか分ります? 

      ハイエナ

キャラクターとしては、あまり人気のないハイエナですが、子供の頃はこんなに可愛いんですね。

お母さんハイエナが、ちょっと離れた場所から見守っていて、ほほ笑ましかったです。

 

 

マサイ・マラ国立公園には、2泊して本当に色々な動物に会えました。

2日目の朝、主人は待望のバルーンサファリに参加して、こんな写真を撮って来ました。

私も一緒に行こう!!と、随分誘われたんですけど、1人400US$!にビビってしまって、私は不参加。

(二人で800US$なんて…正味2時間くらいでしょ?無理無理無理

でも、このバルーンサファリ、主人のFabcinoは『一生に一度の最高の思い出になった♪』って大満足。

     マサイ マラ バルーン  

          マサイ マラ バルーン シマウマ

サバンナに昇る朝日。

見渡す限りの草原。

ヌーやシマウマの群れ。

それに、チーターもバルーンから見れたんですって。

よかったね♪

 

 

車でのサファリ中に、主人が見つけたべっぴんさんのライオン↓  

      マサイ マラ ライオン

このメスライオン。単独行動で、ジッと遠くのシマウマの家族を見つめてまして。

のそりと歩き出し、丈の高い草に紛れて、シマウマの後ろに周り、果敢にアタッ~ク!!

見事、逃げられてました。

傍から見ていても、集中力が今ひとつ足りなかったね。

 

 

こちらの雄ライオンは…。戦いに敗れた様で、最期の力を振り絞って歩いていたんですけど、道に座りこんでしまいました。傷だらけで、とても痛々しかったです。 

      マサイ マラ ライオン 2

百獣の王ライオンだって、命がけの戦いの毎日。

力尽きようとするライオンの姿に、野生の世界の厳しさを垣間見た私達でした。

 

さて、ガイド兼ドライバーのアンソニーがガイド仲間から貰った情報によりますと、

「この時期、普通ならあまり見られないヌーのミグレーション(セレンゲティからマサイマラに川を越えて移動する)が、ひょっとすると今日あたり見られるかもしれない」との事。

「どうする?ヌーが動くかどうか分らないし、かなり待つ事になるけど?」と、アンソニー

「見たい!見たい!ぜひ、見たい!!…と、言う事でヌーが集まっている川岸へ。

既に結構な数の車が、ヌーのミグレーションを見ようと、川岸で待っています。

ヌーが、川岸まで降りかけて…戻る。

また、降りかけて…戻る。

今か今かと待っているのに渡ってくれません。

車の中から『渡れ~、渡れ~』と、ひたすら念を贈ること…1時間くらい??

 

     マサイ マラ ヌー

 

遂に、1頭のヌーが… 恐る恐る川に… 入った~っ!!!!!

これを合図に、ヌー達が川になだれ込みます。

  

   マサイ マラ ヌー 2           

 

 もう、私、何も思い残す事はございません

今回は、大移動とは言えないけど、この時期に川を渡るヌーの姿が見られるなんて、

期待していなかったので、本当~に大満足でした。

 

マサイ・マラ国立公園。

また、いつの日か戻れる日を夢見て…。

これにて、2007年夏のケニア旅行記は終了。

お付き合い下さってありがとうございました。

 

皆さまも「行っチャオ!ケニア!」良いご旅行を♬