読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

ついに来たっ! 憧れのぺトラ遺跡

そして、次の日。新年を迎えたヨルダンぺトラ

入場券を買おうと、ぺトラ遺跡のチケットオフィスに行くと観光客が怒っています。

ヨルダン政府、2010年1月1日からぺトラ遺跡の入場料を値上げ!

 

 それでなくても、高い!!と有名だった1日入場券21JD(約2800円)を、さらに33JD(約4300円)に値上げ。

窓口で抗議する観光客。

「サービス向上と遺跡保護の為に・・・」なんて事言ってますけど、遺跡内のサービスなんて今の所何もない。

 でも、この日から新しい『押し売り的サービス』をスタート。

 まず、入場口からSIQの入り口までの300mくらいの距離を乗馬で移動のサービス。

そして、遺跡の入り口から遺跡内(中のレストランまで)をガイドが観光客10~20人を1グループにしてご案内のサービス。

 

でもね、このサービス、入場券に含まれているはずなのに、

ちょっと馬を引いてくれただけで馬係のおじちゃんが「2JDくれ!俺達はこのチップで生活してるんだ!」とか言うんですよ。

 

馬を10分引いただけで2JD=約260円も要求するって、どうなのよ~?!と、思っちゃいますね。

私は、納得行かなかったので1JDしか渡さなかったんですけども。

 

 観光客は、新しいサービスなんて言われて余分に乗馬代とガイド代を払わされ、

おまけにチップも取られ、なんか本当~に気分悪いんですけど

 

 政府としては「雇用を増やし、観光収入も増やし・・・」ってことで良いアイデアかもしれないけど。

観光客を何だと思ってるんだ~!!と、ちょっと文句を言いたい気分になったのは、私だけでしょうか?

このぺトラ遺跡の入場料、まだまだ値上げする気満々って話も聞きます。

 

私達は、このぺトラで3泊し、2日間遺跡見学をしました(入場料2日券1人38JD=約5,000円!!)。

ぺトラ遺跡は、宝物殿の『エル・カズネ』が、あまりにも有名ですが、この宝物殿はぺトラ遺跡のほんの1部に過ぎず、この他にも多くの遺跡が見られます。とにかく、想像していたより大っきな遺跡です。

 

 

     ぺトラ 遺跡 他2

 

 

     ぺトラ 遺跡 他1

但し、ほぼ完全な形で残っているのは『宝物殿』と『エド・ディル(修道院)』くらいですが。

 

 

こんな↓岩山の間を歩き、急な階段&坂道を40分くらい登ると『エド・ディル(修道院)』に辿りつけます。 

 

         ぺトラ 岩山 歩 く

 

   ぺトラ 遺跡 セメ

 

この『エド・ディル(修道院)』の先にView Pointがいくつかありますが、

そのView pointから見る景色はなかなか素晴らしいです。(写真では分りませんが)結構な断崖絶壁です。 

 

 

    ぺトラ view point

 

ぺトラは、日中は結構暑くて、真冬の1月とは言っても半袖のTシャツで十分です。(但し、夕方は急激に冷えますので長袖のジャンパーくらいは必要です)。

飲み水は冬の時期でも携帯した方が良いですね(水を売っている売店は遺跡の中にもあります)。

 

このぺトラを夏の暑い時期に歩くとなると・・・想像もできませんけど、

暑さに弱い私は途中で行き倒れそう。

 

ぺトラ遺跡の観光は、ある意味体力勝負!

坂道や階段を登ったり降りたり・・・歩く・歩く・とにかく歩く。

私の様なへタレには、相当キツイです。

もう、ゼーゼー言いながらFabcinoに手を引かれ、時には押し上げられ、時にはお尻を叩かれながらのぺトラ観光でした。

 

ぺトラ遺跡の中の主役は、遺跡群とベドウィンの皆様。

おみやげ物を売ったり、ロバやラクダのタクシーの営業を、それはそれは熱心にしてました。

ベドウィンの子供は、学校には行っていない様子。

でも、6~7歳で既に英語も結構話せるし、中にはフランス語やイタリア語のちょっとした会話もできてしまう子も・・・。

 

5歳くらいの小さな子供達も「1JD!ポストカード」って既に一人前のセールスマンでした。

 

 

私:「ごめんね、いらないの」と言うと、

女の子:「じゃぁ、お金頂戴。アタシお腹空いてるの。喉も渇いてるの!!」。

私:「お金は上げられないけど・・・ポテトチップス、食べる?」

女の子:「食べるわ」

すると、他の女の子達もワサワサやって来て。

他の子:「これも頂戴」「そのペンも!」って・・・。

ひゃー、あれもくれ!これもくれ!って身ぐるみ剥がされそうだったので、急いで逃げました。

 

 

こちらは、ロバに乗る子供↓日本なら三輪車に乗っているお年頃ですが、既に立派なドンキー・ライダーです。

 

    ぺトラ 子供ドンキー

 

(この写真を撮ったFabcinoは、この子供にお金を要求されてました。子供だと思って甘くみてはいけませんね)

このぺトラの遺跡もローマの支配下にあった時代があるので、とっても保存状態の良いモザイクを見ることができます↓  

 

 

    ヨルダン ぺトラ モザイク 魚 ヨルダン ぺトラ モザイク ヨルダン ぺトラ モザイク ロバ

 

 

ロバやラクダ、ハイエナ、魚・・・等がモチーフになっています。

 

 

私達、このぺトラの遺跡を2日間で周りましたが、体力のない私はもう本当~にクタクタ・・・。

『宝物殿』をこのように上から見る為に登った坂道も、それはそれはキツカッタです。

直線距離で100m位(?)なんだけど、登ろうと思ったら大回りして結構時間がかかります。

 

  

      ぺトラ 宝物殿 上から

 

 こんな階段を1時間くらい登ったかな?登りもきついけど、下りも足腰にきますね~。 

 

      

        ぺトラ 階段

 

この後、しばらく筋肉痛に苦しんだお正月三が日でした。

 

 

日中は人がたくさん!の『宝物殿』も、夕方4時を過ぎると随分静かになります。

夕暮れ時は、この石の遺跡もローズ・ピンクに染まって格別に美しいです。

 

       ヨルダン ぺトラ

 

名残を惜しみながら、憧れのぺトラに・・・ 

          

          ぺトラ 宝物殿 岩

 さようなら~。

 

 

《追記》2013年10月

やっとぺトラのホテルもBooking.comのサイトで宿泊予約が簡単にできるようになりました!!

私のおススメは『ぺトラ・ゲストハウス』ぺトラの遺跡の入り口に一番近いホテル。

f:id:makicina:20170120201959j:plain

1泊100€位~ 宿泊者の評判も良いし、とにかく立地が良い♪

 

もうちょっとお手頃で立地も良いホテルは『La Maison Hotel』。

f:id:makicina:20170120201921j:plain

1泊50€位~。

 

ぺトラの街は、結構広くて坂道なので遺跡に通うならこのホテル周辺が絶対便利。

 

 

『ヨルダンの砂漠でラクダに乗ろう!Wadi Rumでキャンピング』につづく