読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

行っチャオ!アフリカのビーチリゾート!ザンジバル

主人の『僕、以前からザンジバルに行ってみたかんたんだぁ~♪』の一言で、今回の目的地は、タンザニアザンジバル島に決定♪

日本から行こうと思うと恐ろしく遠いので、あまりザンジバル島って日本人旅行者には馴染みがないんじゃないかと思いますが、アフリカ大陸の中では海の美しさが評判のリゾート地。

ヨーロッパからの旅行者には人気で、たくさんパッケージツアーが組まれているんです。普段は、パッケージに乗っかる事のない私達ですが、今回はイタリアからのツアーに参加。

 

私、アフリカ大好き♪ですもんね。

やった♪やった♪行っチャオ!ザンジバルザンジバル島については、こちらをどうぞ→Wikipedia

 

 

寒いミラノを後にして、Meridiana航空でひとっ飛び!赤道を越えてザンジバル空港に到着。

ザンジバルの国際空港は、なんとも小さくて古めかしい空港でした。

 

     ザンジバル 空港

 

 

出発前にちょっと心配だったのが…

タンザニアVISAが、ザンジバル空港で取れるのか?

→空港で取れました。

 

黄熱病や破傷風の予防接種は必要か?

→予防接種は、受けておいた方が良いと思いますが、受けていなくても入国には問題ありませんでした。

 

マラリアの予防薬は必要か?

ザンジバルは、マラリアの危険地域です。

でも、宿泊先で聞いてみると、ビーチで蚊に刺されて発症するケースはほとんど無いとの事。

蚊に刺されない為のスプレー等は必携。予防薬も飲んだ方が絶対安心。

 

【2010年11月現在のお話です。状況が変わる事も考えられますので、行かれる方は、ご自分で確認して下さいね】

 

 

到着すると、まずはタンザニアへの入国VISAを取得。

申請カードに諸々を記入して、窓口で50US$を払って、その場でVISAをGet。

東アフリカに入る時はUS$を準備しておいた方が良いですね。

 

 アフリカではどこもそうですが、ここも走っている自動車のほとんどは日本の中古車。

私達の送迎車も『〇〇幼稚園』の送迎バスでした。

日本で下取りに出された車たちが、こんな遠くのアフリカの島で活躍していたとは…。

 

 ザンジバル島は、極貧国と言われるタンザニアの中では豊かな島。

オマーンの支配を受けていた時期が長いので、アフリカにアラブがミックスされて不思議な雰囲気。

 

 

         ザンジバル 店 ストーンタウン

お世辞にも綺麗とは言えないけど、あ~、アフリカっぽい♪

さて、小さな空港を後にして、1時間程でこれから8日間の宿泊先である『Villa de Coco』に到着。

ここに宿泊する同じツアーのイタリア人の皆さんは20人程。

 

この『Villa de Coco』は、ザンジバル島東海岸パジェとジャンビア二という町の間にあります。イタリア人オーナーが経営するイタリア人観光客御用達のホテル。

電気は通ってます。シャワーは、お湯が出たり出なかったり…。

でも、不満はありません。十分快適には過ごせます。

 

到着して、まず目に飛び込んで来るのは、眩しい程に白く輝くビーチと青い海♪

噂には聞いていたけど、本当~に素晴らしい海ですねっ。

 

          ザンジバル ホテルのビーチ

       ( 宿泊したVillaの前のビーチは、ちょっと石や海草が多目 ↑)

 

 

        ザンジバル ビーチ 引き潮

            (Villaから15分程歩くと、真っ白な砂浜↑)

 

ビーチ・ベットでちょっとひと休みしてから、白い海岸線を歩いてパジェの町へ。

出発前にネットで色々と調べていたら、日本人の旅行者の皆さんが必ずと言って良いほど宿泊しているバンガローがあるとの事。

日本人の女性がオーナーだそうで、今回は宿泊できないけど、コーラでも一杯飲んで、オーナーさんとお話でもできたら嬉しいな♪と、ビーチを歩き出したのは良かったんだけど、パジェまで1時間。

 

日本人旅行者に人気の『パラダイス ビーチ バンガロー』は、1泊朝食付きで大体7,000円位なのかな?

ザンジバルのホテルって現地の物価と比較するとホテルはどこも結構高いっ。

※2015年追記 やっとザンジバルの宿もBooking.comの予約サイトで簡単に予約できる様になりました~♡

 

目指すバンガローは、もう少し先…。

日が傾き始めたので、残念ながら引き返す事にしました。

平和そうなこのビーチも、「夜は歩かない方が良いよ」ってアドバイスされていたので、水平線に昇る月を愛でながら来たビーチを主人と二人テクテク戻りました。(明日が満月かしらね~) 

      ザンジバル 月

 

 結局、この日本人の方が経営する『Paradise beach bangalow』には、残念ながら今回の滞在中は行けませんでした。

ザンジバル島の宿泊施設は、イタリア人・ドイツ人等の外国人オーナーが経営しているホテルがほとんどで、その国の旅行客にあったサービスを提供しているみたいですね。

 

私達の滞在先は、ワインやカプチーノが楽しめて、1日3食美味しいイタリア料理が頂けて(1晩だけスワヒリ・ナイトって事で地元料理でした)、スタッフもイタリア語をしゃべります。

Villaに居る限り、アフリカにいる事を忘れちゃいますね。

      ザンジバル ビラ ザンジバル ランチビュッフェ

 

いや~、ザンジバルの海… 『美しい!!』とは聞いていたんですけど、想像以上&期待以上でしたね~。

この海を見たら、長旅の疲れも吹っ飛んでテンションもすること間違いなしっ!

この美しい海については、また、後ほど書きたいと思います。

 

2日目は、噂のダラダラに乗ってストーンタウンまで行ってみました。

そのお話を、次回。 『ダラダラで、もうクタクタ』に続く