読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

白く輝くアルプス山脈☆シャモニー 3泊4日

ニースを後にして、シャモニーに向かいます。

私、イタリアでは怖くて高速道路を運転した事がないんですけど、フランスの高速道路は、路肩も余裕があって、表示も分り易く、イタリア程運転も荒くないようだったので、2時間程ハンドルを握る事に

 

やっぱり、携帯のGPSって便利ですねっ。今回、ものすご~く活躍してもらいました。

だけど、たまに予期せぬ通行止めなんかがあると、GPSは対応できないんで車での移動なら、詳しい地図はやっぱり必要

 

さてさて、シャモニーに着いた時には既に日も暮れていたので、ホテルで夕食を頂きました(1人16ユーロ)。

おお~、チーズが5種類くらい「お好きなだけどうぞ」状態で出てきた。

フランスのチーズ、こってりしてて美味しい~♪

メインは、チーズハンバーグみたいな物だけど、お味は…日本のハンバーグの方が美味しい(と、私は思ふ)。

 

今回の私達のホテルは「Le Fontenay 」。シャモニーからは1時間くらい離れたPassyと言う町にあります。

本来、このホテルはシャモニー観光用ではなくて、スキーを楽しむ人用に建てられたようで山の中腹に建っています。

なので、シーズンオフの夏の時期、とってもお徳な料金で泊まれたんです。

1泊食事なし36ユーロ。

キャンプサイトにテント持参で泊まっても1泊30ユーロくらいかかりますからね、それにシャモニーのホテルって結構高いっ!

なので、場所は少々難有りですが、とっても有難い宿泊料金でした。

しかも、4人用のアパートメントタイプに部屋をグレードアップしてくれたので、ラッキーな事にキッチンもついています。

        シャモニー ホテル   シャモニー ホテル キッチン

ちょっと古くて、味気ない感じはありますけど、部屋の窓からは、白く輝くアルプス山脈が見えます。

車でしか移動できないし、ホテルからの移動では、ぐるぐる山道を登ったり下りたりしなくてはいけません。

でも、この宿泊料金だから、まっ、いいか。

 

シャモニーの町中で宿泊するならこちらのホテルがおすすめ『Le Faucigny 』。

f:id:makicina:20170120223104j:plain

鉄道駅にもツーリストオフィスにも近くて、シャモニーでの観光にとっても便利な場所。

 

あと、私が次回泊まるならココ!『Aiguille du Midi 』。

f:id:makicina:20170120223612j:plain

シャモニー中心部までは鉄道で移動だけど(3km)、景色も良くてホテルも素敵です。駐車場も無料。

 

 

 翌日、シャモニーの街中の駐車場に車を停めて、いよいよ観光開始!!

シャモニーは、結構小さな街で、中心部は30分もあればぐるりと1周できそうです。

隠れていて見えませんけど、         ↓この辺がモンブラン

お花が綺麗~。  

         シャモニー 町 1

 

まずは、町の中心にあるツーリスト・インフォメーションへ!

町の地図と、ロープウェイなどの案内をもらいました。

「どのルートがお勧めですか?」と、訪ねた所

「まずは、モンブランの山頂が近くに見える『エギュイ・デュ・ミディロープウェイ』に乗って、

時間があればモンタンヴェール鉄道に乗ったらどうですか?」とのお返事。

はいはい、そうします。ロープウェイのパスがあるそうなので、どこで買えるのか尋ねると

「ロープウェイ、鉄道駅の窓口ならどこでも買えますよ」とのこと。

はいはい、じゃぁ、ロープウェイに向かってみます。

ってことで、ロープウェイ乗り場(L'AIGUILLE DU MIDI)で2日間のパスを購入。

パスは、1日券 50ユーロ 

      2日券 60ユーロ 

      3日券 70ユーロ 

      4日券 85ユーロ 

      5日券 95ユーロ  

      6日券 105ユーロ まであります。(16歳以上の大人料金)

 

観光用の鉄道と、ロープウェイが乗り放題なのでとってもお徳です。

シャモニーには、観光用の鉄道が2コースと、ロープウェイが大小あわせて7ルート(多分)、それに国境を越えてイタリアに渡るロープウェイが1ルートあります。

ロープウェイの中でも、一番人気なのが『エギュイ・デュ・ミディロープウェー』のロープウェイ。

2,317Mまでロープウェイで登り、更にロープウェイを乗り換えて3,842Mの展望台まで登ります。

          シャモニー ロープウェイ

一気に頂上まで登る人が多かったのですが、私はちょっと高山病が怖かったので乗り継ぎの時に30分位時間を取って体を慣らしながら登りました。

山頂の展望台に着くと、係の人に数字の書いた紙を渡され「下りのロープウェイは2時間半後です」と、告げられました。

下りのロープウェイは、イタリア側から来る人や山頂を目指した登山者も合流するので混雑しているんですね。

 

展望台からは、天気が良ければモンブランの山頂が(↓この辺に)綺麗に見えるはずですが・・

この日は雲に隠れて、見えそうで見えない

      シャモニー 頂上

    ここから、たくさんの人達がさらに歩いて山頂を目指していました。  

     シャモニー 登山者

もちろん、ちゃんと登山(ロッククライミングを含む)のトレーニングを受けた人達だと思います。

氷壁を蟻の様に連なって登って行くのが見えます。

ここ、飛行機を除いたら、自己最高記録の高度ですね。

富士山が3,776mだそうなので、ここは富士山よりちょっとだけ高い。

気分が悪くなって小さな医務室に運ばれる年配の奥さまもいましたが、私は大丈夫みたい。

ちょっと、眩暈に似た感じがしましたが、頭痛などはなかったのでひと安心。

 

山頂のひんやりとした空気が心地良かったです。

 

翌日は、腹をくくってアルプスの山をトレッキングです。頑張れ!!(私)

 

『白く輝くアルプス☆シャモニーでトレッキング』につづく