読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

南フランスの旅 【番外編】 ちょこっとスイス

さてさて、なんとかアルプスの山歩きと言う(私にしてみれば)難関をクリアし、翌日にはイタリアの家に戻るんですけど…

う、動けない… 体中が固まって動かない…。全身重度の筋肉痛で身動きが取れな~いっ

「あいたたた・・・、あいたたた・・・

この筋肉痛は、4日間に渡って私を苦しめることとなりました。

ホテルを出ると、モンブランが綺麗に顔(頭?)を出していたので写真に収め、イタリアに戻ります。  

     シャモニー モンブラン    

 

「せっかくだから、スイスも通って帰ろうか??」との主人の提案で、ちょっと大回りして、スイスのレマン湖をめざすことに。

スイスに入ってちょっと驚いたのは… 既に山が紅葉し始めてるっ

まだ、8月後半ですけど既にここには秋が訪れようとしていました。

たまたま到着したのが、Montreux (モントルー)と言う町。

可愛い町をちょっとお散歩し(これと言って見るものはないんだけど)、 

             スイス 散歩

シオン城 を見学。  

      スイス シオン城

このシオン城、小さなお城なんだけどレマン湖の辺に建つ姿がなんとも素敵なお城です。  

      スイス シオン城 2

 

お城の中の見学も見ごたえありました。

ここは、中庭。昔は馬小屋などがあったそうです。  

        スイス シオン城 中

地下には、食糧庫や牢屋だった場所があり、  

           スイス シオン城 地下

領主の寝室や謁見の間、ダイニングルームなどが見学できます。

当時のお手洗いやお風呂などもあり、なかなか面白いお城でした。

(オリジナルではなくて、復元されたお城ですけどね)

 

それにしても、スイスの物価の高さは強烈ですね。

イタリアの2倍弱。こんな物価の高い所に長居は無用。

早い内に退散致しましょうって事で、スイスの峠を越えてイタリアへ。

途中、小さな村を通りかかったら、たくさん犬のぬいぐるみが売られていました。

さぁ、何ででしょう??ここで分るあなた!良い感してます。

ヒントはですね~…「アルプスの少女ハイジ」。

そう、その村とも言えない程小さな集落は、セント・バーナード犬の故郷なんですね。

ハイジのお友達だったあの大きな犬、ヨーゼフの故郷です。

車で通過したので写真を撮って来なかったのが悔やまれますけど、こんな所まで観光に

わざわざやって来て、ぬいぐるみを買って帰る観光客なんているんだろうか??

 

そんなこんなで、夜中の2時に家に帰り着きました。

 

 

では、また~ チャオ~♪