読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

サハラ砂漠 2泊3日 現地ツアー

ムハミドで1泊し、翌朝からキャメルサファリに出発。

2頭のキャメルに2人のガイド。1人は英語が話せるけど、もうひとりはフランス語で話かけて来る・・・

えっと~・・・フランス語は全然分らないの私達、ごめんね。

若いガイド君達は、聞く話によると学校には行った事がないそうで、27歳だがもう随分長い間この仕事をしているらしい。

私達を待っていたキャメルには、荷物がてんこ盛り。

私達2人とガイド2人分の1泊2日分のキャンプ道具が積まれて、ラクダさん達も重そう。

「昼食までは、ひとりは歩いてくれ」と言われて、正直驚いた。

キャメルツアーで、キャメルと歩けとな?!?!

この時期の砂漠はそれ程暑さも厳しくないので、私もなんとか頑張って歩けましたけど、暑い日だったら途中で干からびて倒れていたかもしれない。

ラクダさんの荷物があまりに重そうなので、Fabcinoと2人ラクダの後ろをテクテク・・・ 

    キャメル ウォーキング

正直、「普通、ラクダをもう1頭用意するとか、荷物を先にキャンプ地に運ぶとかするんじゃないの~?」と、納得の行かない気分は拭えませんでした。

それに、私の想像していたのは、町外れをキャメルで歩くんじゃなくて、砂丘をキャメルで歩くツアーなんだけどなぁ

1時間くらい歩いて、昼食の為に休憩。  

     キャメル 休憩

ガイド君が美味しいオムレツとミントティーとパンを用意してくれました。

木陰で2時間くらい休憩してから、再び出発。この時は、暑さに弱い私だけラクダに乗せてもらいました。

2時間も歩いたかな??本日のキャンプ地に到着。

 

            キャメル キャンプ

夕日を眺めます。

     砂漠の夕日

この夜は、ガイド君の作ってくれたスープとタジンを美味しく頂きました。

宿泊施設があるわけではないので、いわゆるブッシュキャンピングです。

砂漠の中にテントを張って1泊。

テントや寝袋はツアー会社の方で用意してくれましたが、私達は持参の寝袋で外に寝ました。

星が綺麗~♪ だけど、ここ、かなり町から近くない?町の明かりが遠くに見えます。

むむむ・・・

 

翌日、何かの音で目を覚ますと、私の枕元にはラクダさんが!早起きのラクダが、食べ物を求めて歩き周っています。前脚を紐で結ばれているので遠くには行けないみたいだけど、逃げたりしないのね~。

 

        キャメル 朝

まだ、寝ているFabcinoの枕元を歩くラクダ↑

翌朝、簡単な朝食を頂いて、再びラクダで町の方角に戻ります。

結局、Fabcinoさんは1度もラクダに乗らなかったね。

歩くのが好きな人なので、まぁ良いんですが、体重が90KGもあるからラクダに遠慮しちゃったみたいです。

 

30分程ラクダで戻った所で、お迎えの車が到着。

運転手さんは全く英語は話せず、もう1名のガイドが同行。

(このガイドは私達のツアーの申し込みの時話をした人なんだけど、ほとんど何も説明とかしてくれないガイドでした。何の為に着いて来たのか正直分らない)

 

この日は、ようやく車で砂丘を目指すようです。

道はもちろん舗装なんてされてないので、ガタガタのボコボコ。1時間程走って、お昼休憩。

お昼休憩だけで2時間以上待たされます。「砂丘は暑いから」ってガイドは言ってましたが・・・。

結局、待望の砂丘に到着したのは夕暮れ前。

もっと早くキャンプサイトに連れて行ってほしかったです、私

段々お怒りモードのアテクシ・・・。

 

そしてガイドに「サンセットを見たら、キャンプに戻って夕食」と言われ、Fabcinoと二人で砂丘をエッサエッサと登ります。         

(小さく写っているのが私達の泊まったキャンプサイト↓) 

 

              サハラ キャンプ

ああ・・・私の夢見た砂丘でのキャメルライドは、夢で終わっちゃったのね。チーン

だって、他の人達のブログを見たら、必ずと言って良いほど「サンセットキャメルライド」がツアーに入っているのになぁ~・・・。

サンセットを見るために、ラクダで砂丘の中を1~2時間歩くみたいなんですけど・・・。

キャメルに乗って、砂丘を堪能する・・・それが、サハラ砂漠でのメインイベントじゃないの?!?!?

当然ツアーに含まれていると思っていたのに・・・私が浅はかだったのか・・・

とにかく、がっかり過ぎて立ち直れません。

しかも、この日は少し雲がかかっていて、丁度良い具合に(?)お日様を隠しています。

サハラ砂漠の夕焼け」も夢で終わりました。チーン

ちなみにサハラ砂漠で夕日が見えない確率はかなり低いそうです。

色々思い通りには行かなかったけど、それでもサハラ砂漠の砂丘は美しかった・・・

        サハラ 砂丘  

        サハラ 砂丘2

今後、サハラ砂漠のツアーに行く方がいらっしゃったら、絶対ツアー会社に確認する事をお勧めします。

「砂漠でのキャメルライド」と「砂丘でのキャメルライド」は違うんですね。

ツアーに砂丘(Sand dune)でのキャメルライドが含まれているのかどうか、申し込みの時にはぜひご確認下さい。

この為に遠路遥々サハラ砂漠までやって来たのにな~・・・残念無念。

翌日は、再びエッサホイサと砂丘を登り、日の出を見てサハラ砂漠とはお別れ。

        サハラ 朝日

朝食を食べて、8時半にはキャンプサイトを出発。

2時間弱でM'Hamidの町に戻りました。

 

さて、ここからバスでワルザザードまで戻るのだけど・・・。

「バス乗り場はどこですか?」と、ガイドに尋ねると、「午前のバスはもう出たから、バスは夕方までないよ」とのお返事。

「えええっ!バス、ないの??」ツアーを申し込んだ時にも、最終日は「ワルザザードに移動する」って言っておいたのに今になって「バスはない」は無いんじゃないの~?!?!

前もって教えてくれれば、もう少しサハラ砂漠で時間を取ってもらうとか、オプションでどこか連れて行ってもらうとか出来たのに。

これもきっちり確認しなかった私が悪いのか・・・。

今回の旅行は、本当に学ぶ事が多かったな。

それにしても、今回のガイドは、ひどかった。

アラブ人のサービスって、日本人の思っているそれとはかなり違うみたい。

必要な情報は、こっちから聞かない限り何も教えてくれない。

 

 

仕方がないので、タクシーを200DHでチャーターして隣町のZAGORAまで移動してバスを探す事に。

「ZAGORAからのバスも、今から行ってもお昼の便に間に合わないんじゃないかな」って、ガイドは教えてくれましたが、そんな情報は、もっと前に言え!!

とにかく、今回のサハラ砂漠のツアーは私にとっては大はずれでした。

Arib Voyages』、なんであんなにTripadvisorでの評価が高いんだろう??・・・謎です。

 

なんとかZagoraまでのタクシーに乗り込んだのは良いけれど・・・このタクシー、ボッロボロですね

車内は内装も破れ被れだし、窓は割れてプラスチックの板がはめこまれているし、なにより、スピードメーターとか、メーター系が全滅してます。

こんなボロボロの車でも、ちゃんと走るんだ・・・と、違う意味で感心してしまいました。

ZAGORAまでは車で1時間程の距離。

バスターミナルに急いで行ってみましたが、お昼のバスはやっぱり出てしまって、次のバスは3時間後。

仕方がないので、近くの小さなレストランで昼食を食べながら時間をつぶしました。

15:00のバスでワルザザードに向かい、到着した時には、とっぷり陽もくれていましたが、再びタクシーを捕まえて『アイト・ベン・ハドゥ』まで更に40分程の移動です。 (タクシー100DH)

ああ、移動だけで随分苦労するもんだなぁ・・・ちょっとモロッコでの移動を甘く見ちゃったかしら、私。

本当に今回は思うように事が進まないなぁ・・・

なんてことをぼんやり車内で考えていると、 Fabcinoさんの携帯にメールが・・・それを読んだFabcinoさんが私に聞きます。 「Makicina、今日って僕らの結婚記念日?!?!?」

「ありゃ、そうだった、そうだった、忘れてたね~っ!」

優しい義理妹ケティからの「Happy anniversary」メールで二人とも思い出しましたが、この日は私達の4回目の結婚記念日でした。

いや~、もう、記念日なんて忘れちゃうものですね。

あはは~