読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

スリン島-プーケット経由-バリ島(ウブド)

スリン島から再びスピードボートでタイ本土に戻ります。

スピードボートは、往復ともに1日1便。

戻りのボートは・・・確か2時スリン発・・・いや、3時だったっけ?適当ですみません。

とにかく、2時か3時です。

 

 スピードボートが港に到着すると、『Tom & Am ツアー』のトムさんがお出迎えしてくれます。

トムさんの車でクラブリの町に移動。

トムさんによると、1時間くらいでプーケット行きのバスがここを通過するそうで、ちょっとクラブリの町でバスを待ちます。

 

 バスが来たらトムさんが行き先を確認して、私達が降りたい場所(プーケット空港の近く)を車掌さんに伝えてくれました。

トムさん、本当に頼りになる男です。

 

 再び3時間かけてプーケットの空港付近まで移動。

既に日も暮れてしまいました。

 

 私達は、明日の早朝のエア・アジアの飛行機でバリ島に飛ぶ予定なので、空港近く(Nai yang beach)のホテルを予約してあるんですが、バスを降りてからホテルに辿り着くのにかな~り苦労しました。

予定では、タクシー拾ってピューッと簡単にホテルに到着!だったんだけど、幹線道路なのに、空車のタクシーが通らないっ!

 

困っていたら、たまたま子供づれの女性が車を停めてくれて「どうしたの?」って聞いてくれたんです。

それで、200バーツでホテルまで連れて行ってくれないかと図々しくもお願いしてみたら、「いいですよ」って訳でなんとか無事にホテルに到着。

 

 今夜のホテルは『Seapines villa libergo 』。

 このホテル、宿泊者の評価がとっても高かったので「まぁ、寝るだけだし」って適当に予約したんですけど、想像していた以上に素敵なホテルでした。

f:id:makicina:20170123210014j:plain

 

部屋の真後ろにはプールがあって、部屋から直接プールサイドに出られるようになっています。

プーケット空港に近い宿を探しているなら絶対お勧めです。

ツイン1泊朝食付:43US$ ホテルの情報はこちら

       

    プーケット ホテル

Nai yang beachにもとっても近くて歩いて5分くらい。

私達は夜のビーチを少し散歩しただけでしたけど、広い砂浜が遠くまで続いて、ビーチの砂の上にはレストランやカフェのテーブルが並んでいます。

とっても雰囲気の良いビーチだったのに、ゆっくりする時間が取れなくて本当に残念。

 

翌朝は、ホテルのオーナーさんが空港まで車で送ってくれました。

(空港までの送迎がサービスに含まれています)

エア・アジアの06:30の便でバリ島のデンパサール空港へ飛びます。

 

11:10にデンパサール空港へ到着。

あ~、大好きなバリ島にやっと戻って来れた~♪

 

10年くらい前に友達とバリ島に来て以来、私はバリに魅了されてしまっているんです。

私にとっては2回目、Fabcinoさんには初めてのインドネシア(バリ島)。

 

デンパサール空港の中には、クレジットカードで現金が引き出せるATM(操作の表示は英語)があります。

なので、特にインドネシアルピーを日本から準備して行かなくても困る事はありません。

ATMは、町中にもたくさんあるし、お店やホテルでは概ねクレジットカードが使えます。

バリ島内では、どこでも大体US$が使えるので、持って行くならアメリカドルで良いと思います。

 

 

入国前に25US$払ってインドネシアVISAをとります。

ここのVISAは、査証って言うより、入国料金の徴収みたいな感じです。

 

 

外に出ると私の名前の書いた紙を掲げて待っていてくれる人が!

これから、3泊するウブドのVillaのマネージャーさんです。

あ~、誰かが空港で待っていてくれるって、なんて嬉しいんだろう

 

 私達がウブドの滞在先として選んだ『Nefatari Exclusive Villas』は、もう、かれこれ7年くらい前から「バリに今度行く時は、絶対ここに宿泊するんだ!」と、心に決めていたVilla。

このVillaに泊まる為にバリ島までやって来た・・・と、言っても過言ではありません。

 

デンパサール空港から1時間程のドライブで、ウブドに到着。

ネファタリは、小さなVillaなんですけど全て独立した1戸建てでプライベートプール付。お部屋はシンプルですが大変素敵です。

 

シャワー&バス&トイレは半露天(小さなお庭の中)みたいな造り。

最近何棟か新しく増築したと聞いていたので、私達は新しいVillaを予約の際にお願いしました。(新しいVillaの方がプールが大きいそうなので)

 

お部屋はこんな感じ↓    

      ネファタリ ビラ

 バスルーム↓   

      バスルーム

         プライベートプール↓ 結構ジャバジャバ泳げる大きさです。    

 

        プール

この設備で1泊112€~って、コストパフォーマンス高すぎ!

 

難点を言えば、場所がウブドの中心部から少し離れていて、車での送迎をホテルにお願いしないといけない点。

電話すれば直ぐに車で迎えに来てくれますけどね(無料)

 Fabcinoも、このVillaをとっても気に入って「今度東南アジアに行く時には、1週間以上あのVillaに連泊したい」と、言っています。

 

とにかく、この素敵なビラのプライベートプールで泳いで、お昼寝して、3日間をま~ったり過ごしました。

あ~、ここは楽園なのかしら~。

 

バリ島では、クタエリアやヌサドゥアエリア等ビーチに近い所に宿泊するツアーが多いんですけど、私は断然ウブド派です。

森と川と神様に守られた独特の雰囲気が好き♪

バリらしい伝統的で素敵なバリ建築のヴィラもウブドエリアにはたくさんあって、「どのヴィラが良いかなぁねこ」って調べているだけでもテンションがゴンゴンアップ上がります。

バリ島は、とにかくヴィラが良いっはぁと

 

ちょっと予算に余裕があるなら、雑誌等でお馴染みのカユマニスにも泊まりたい♪

Kayumanis Ubud Private Villas & Spa

f:id:makicina:20170123212342j:plain

 カユマニスはバリ島内に他に2か所あって、私は「カユマニス・ヌサドゥア」に泊まった事があるんだけど、至福の時間でした。

 

このVilla↓も20年来の憧れ♡

f:id:makicina:20170123213320j:plain

 『The Royal pita maha

思いっきり贅沢できるなら・・・憧れのヴィラキラキラ

 

 

ウブドを満喫!スパで大笑い』につづく