読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

ジェンガラでお買物&ジンバラン・カフェ【バリ島最終日】

次の日には、再びデンパサールからタイのバンコクに戻るので、ウルワツエリアから

空港に比較的近いホテルに移動です。

バリ島での最後の1泊は、ヌサドゥアのベノアビーチにある『Rumah bali bed & breakfast 』。

 

このホテル、なんでBed & Breakfastなんて名前にしちゃったんだろう??

ベッド&ブレックファストって言うと、ちょっと質素な宿を想像してしまうんだけど、お値打ちなのに設備もサービスもとっても良くて、非常に満足度の高いホテルでした。

 

ホテルの敷地は、かなり広くてバリの雰囲気のするお庭も素敵。私達の宿泊したお部屋はこちら。

  

       ルマハ          ツイン1泊朝食付:60US$ ホテルの詳細はこちら

      この宿泊料金で1戸建てに宿泊できるとはうれしいじゃな~い

 

 

お部屋は、割とシンプルですが広さも十分。 

       ルマハ 部屋

 

バスルームも広くて使い勝手が良かったです(バスタブはなし)。

朝食は、オーダー用紙に記入してフロントに渡しておけば指定の時間に部屋の前のダイニングに運んで来てくれます。

 

この朝食が、またボリュームがあってとっても美味しかった♪

このホテルに関しては、本当に文句なし!また泊まりたい!と、思えるのですが残念なことがひとつ・・・

ベノアビーチのエリアって何もする事がないんですよ。

ホテルから徒歩3分のベノアビーチに水着を着て行ってみたんですけど・・・  

 

 

        ベノアビーチ

 

むむむ・・・ここって、泳げるの??

 

ショッピングが楽しめるエリアってわけでもないし。

ホテルの大きなプールでのんびり~♪が、このホテルでの正しい過ごし方かと。

 

エリアはいまいちだけど、空港にも比較的近くて、クタエリアの様に騒がしくなくて、

ホテル自体はとってもとってもお薦めです。

 

 

 

さて、私にはバリ島でどうしても行きたい場所がもうひとつありまして。

全く興味のないFabcinoさんには、本当に迷惑な話なのですが、妻がどうしても行きたい!!と、

勝手に予定に入れているので、仕方なくお供してくれました。

 

 

私がどうしても行きたかった場所・・・ジンバランにある『ジェンガラ・ケラミック 』。

前回、私、バリ島に来た時に大型免税店の『ギャラリア・バリ』でたまたま見かけたジェンガラの陶器に惚れてしまったんですね~。

日本に戻ってジェンガラについて調べたら、ジンバランに立派なお店があるとの事。

バリに行ったら、絶対ジェンガラのお店に行って、陶器を買って帰りたい!!!!と、ずーっと思っていたので、今回念願かなってジンバランのジェンガラのお店へ。

ジェンガラのお店に行くにはタクシーで移動するしか方法はない様でした。

空港からだったら・・・適当な情報で申し訳ないんだけど、片道のタクシー料金は日本円で1000円しないと思います。

あ~、これも欲しい。あれも欲しいこれ素敵♪ 

お店の中を見ているだけでも楽しい~。

Fabcinoさんは、陶器には全く興味がないので、カフェで雑誌を読みながら待っていてくれました。

 

で、迷いに迷って買ったのがこちら↓(一部ご紹介)  

  ジェンガラ 1  ジェンガラ 5

 

フランジパニの箸置きひとつで30,000ルピア(本日のレートで約250円)。

黄色の蓮の葉っぱのお皿が120,000ルピア。

むむむ・・・バリ島のお買物としては結構なお値段です。

でも、買っちゃう。割れ物だし、重いし、持って帰るのが大変だけど買っちゃう。

惚れちゃってるから仕方ない。

 

 

こちらは、前回10年前に買ったジェンガラ達の一部。

イタリアでも愛用してます。

 

   ジェンガラ 3  ジェンガラ 4  

 

 

ジェンガラ・ケラミックでのお買物をひとしきり楽しんで、タクシーに乗ってジンバランカフェに移動。

ジンバラン・カフェと言うのは、ジンバランのビーチに並ぶシーフードのレストランの事。

観光客に人気です。

同じ様なお店がたくさん並んでいるので、どのお店にするか選ぶのがなかなか難しいのですが、魚の種類が豊富で、見せてくれるメニューが写真付で分り易く、料金がきちんと記載されているお店を選び、主婦の目でお魚の鮮度を吟味。

 

私:「このエビ6尾とこの大きなイカ1杯でいくら??」と、値段を確認。

お店の人が、量りにかけて電卓でささっと料金を出してくれます。

お店:「200,000ルピア(本日のレートで約1,700円/2人前)だね、これに飲み物を頼むなら別料金だ」

お店:「どうやって食べる??」

私:「じゃぁ、イカはフライに、エビはグリルにして下さい」

 

注文をしてから、ビーチの上に並ぶテーブルへ。

キャンドルの灯りの元で頂くお料理は、(想像していたより)雰囲気も良くて美味しかったです。

スープとご飯とちょっとした野菜がセットで料金に含まれています。

 

ビーチには、たくさんレストランのキャンドルの灯りが揺れています。

波の音を聞きながら頂く夕食もなかなかオツナモノ。

 

あ~、私達の東南アジア旅行もいよいよ終わりだなぁ~。

旅行の最後には、お決まりの質問。

 

ねこ:「Fabcinoさん、今回の旅行でどこが一番良かった??」 

(また、それを訊くかと旦那は苦笑いむふっ汗

ボケーっとした顔:「う~ん、カンボジアで子供達と食べた夕食。」

ねこ:「あ~、あれは楽しかったよね」

  (書いた話はちょっと重めですが、夕食は皆で大笑いして楽しかったんです)

むふっ:「それから、ウブドのヴィラ」

(^ω^):「う~ん、ネファタリとっても良かったよね」

うれしい顔:「それから、マッサージと師匠」

(´・ω・`):「バリのオイルマッサージ、最高だよね~、アルサナ氏はちょっと不思議な感じだったね~」

今回の東南アジアの旅も、(ハプニングはあったけど)楽しい旅になりました。

アジアは、やっぱり人が穏やかで優しくて良いな~。

南国の空気も心地良かったし。

長々と書いた私達の東南アジアの旅にお付き合い下さいましてありがとうございました。

 

 

2012年は、さてさてどこに行こうか??

既にFabcinoは休暇の事ばかり考えている様子。

ひとまず、今年は夏のフランスと秋のメキシコ行きを狙っていますが・・・どうなるかな??

それでは、また。 Ciao, Ciao