読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

風情ある町並みが残る街 ルーアン2泊3日

 モネの暮らしたジバル二ーの村を後にし、今夜の宿泊先ルーアンの町に向かいます。

(車で1時間程)

このルーアンの町は、ノルマンディー地方特有のこんな家が立ち並んでいて、とっても風情があります。

町の中をお散歩しているだけでも楽しい♪

  

  海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 

 

        海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 

この町で2泊したホテルは、『Alive hotel de quebec 』。

何を基本に決めたかと言うと、とにかく駐車場。

イタリアもフランスもパーキング・メーターのある路肩に駐車する事ができるんですけど、車に傷をつけられたりするとレンタカーだし面倒な事になるので、ちゃんとした駐車場がある!ってことでこのホテルに決めたんだけど・・・。

なんとも、味気ないホテルでした。

部屋もバスルームもかなり狭くて、あまり居心地は良くなかったです。

部屋はこんな感じ↓

             海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 

 

せっかく、だったらノルマンディーっぽい作りのホテルを選びたかったんだけどなぁ・・・。

次回、ルーアンに来る事があったら、私は絶対このホテルに泊まりたい

Hôtel De La Cathédrale

f:id:makicina:20170124034139j:plain

ルーアン大聖堂の道を挟んでお向かい。風情のある細い通りに面してます。

部屋は小さいけど、まさにノルマンディー!な古い建築物。( 駐車場はない)

 

 

さて、翌日は徒歩でルーアンの町を散策。

歩いて大体の観光地は周れます。

まずは、ルーアンのベル・タワー!

              海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

あれれっ・・・改装工事中かぁ・・・

仕方ない、よし、次は私がぜひとも観てみたいと思っていたルーアンの大聖堂!

モネの描いた『ルーアン大聖堂』の連作をみて以来、「いつか、実物のルーアン大聖堂をみてみたいっ」って思っていたんです。

モネのルーアン大聖堂 連作↓

 

   海外旅行☆猫もひとりで旅にでる  海外旅行☆猫もひとりで旅にでる  海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 思い入れのあるルーアン大聖堂へ、期待を込めて行ってみたのですが・・・

なんで? なに、この覆面!??!・・・・1

                  海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

・・・正面のステンドグラスが布で覆われていて・・・

ここも改装工事中~!!!!

ぐわっっかり・・・泣く

ルーアンの大聖堂は、大変立派なものだったんですけどね・・・。

私が今回のフランス旅行で見た中では、一番大きく威厳のある大聖堂でした。

 

 そして、ここがルーアンの中心。

ビュー・マルシェ広場です。

       海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 

 

広場の真ん中には、ジャンヌ・ダルクの教会↓が・・・

ここで、ジャンヌ・ダルクは火あぶりの刑に処されたんだそうなのですが・・・。

          

            海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 

 この教会、どうなんだろう?美しい広場にマッチしてないって言うか・・・違和感感じてしまったのは私だけ?

この町は、私個人としては町並みも風情があって好きだったんですけど、美術館とかそういった類の物はなく、せいぜい3~4時間もあれば歩いて大方の観光地は周れます。

 

それで、時間に余裕があったので、車を1時間程走らせてノルマンディー地方の海岸まで行ってみることに。

私達がやって来たのは、エトルタと言う小さな町。

    

     海外旅行☆猫もひとりで旅にでる  海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 

切り立った海岸線は、遊歩道になっていて結構たくさんの観光客が歩いていました。

ここって、モネなどフランスの画家達も描いている風光明媚な海岸なんです     

    海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

           海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 

 

ちょっと沖縄の残波岬にも雰囲気が似ています。

ここで見た夕暮れ、とっても美しかったです♪

せっかく海の近くまで来たので、この日はこの町のレストランでシーフードを頂く事に。

去年の夏にニースで生牡蠣を食べて以来、私達夫婦は生牡蠣大好き!になっちゃいまして。

雰囲気の良さそうなレストランで念願の生牡蠣を頂くことに!

私は、小ぶりの生牡蠣が前菜に出てくる25 ユーロのコースをオーダー。

一方旦那は、大きめの生牡蠣12個をオーダー 18ユーロ。

               

1年ぶりの生牡蠣に舌鼓を打つ私達。

あ~、やっぱり新鮮な魚介類を生で食べられるって幸せ♪

私のコースの、メインはカレイヒラメの野いちごberry.ソース添え。

        

         海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

こ、これは・・・

なんとも斬新って言うか・・

こんな組み合わせ、ありなの???

ソテーされたカレイに生暖かく甘酸っぱい野いちごのソース。

美味しいのか?にゃこれは、美味しいのか?にゃ

必死にこの初体験のコンビネーションを理解しようと頑張ってはみたものの・・・。

正直、つらい・・・。

さすが、おフランスの料理は斬新だわぁ・・・ちょっとついて行けない程に。

 

 エトルタの海岸を満喫するならこのホテル『Hotel Le Rayon Vert』シーフードレストラン等も周りにあって、美しい海岸線が目の前。

 

翌日はノルマンディーの海岸を車で走って憧れのモン・サン・ミッシェルに向かいます。

 

 

つづく