読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

美しき☆ロワール地方 3泊4日 その2

翌日は、ロンリープラネットをチェックした主人の希望で、まずはランジェ城 へ。

 

            海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

このお城は、町の中心部にあり、家具や展示物などから当時の生活が伝わって来るお城です。

 

当時の夕食を再現しているテーブル。

 

      海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

この城で、フランス王シャルル8世と、かつては独立国だったブルターニュ公国のアンヌ・ド・ブルターニュ の婚礼が行われたそうで、その結婚についてはこの蝋人形達が短いショーの中で(仏語/英語で)説明が。

    

     海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 庭から見たランジェ城

       

     海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 

 

そして、次に向かったのは『フォントブロー修道院 』 。

私、何の前情報も持たずに来たので、ここが何なのかさっぱり分からなかったんですが・・・。

12世紀頃に建てられたお墓兼修道院。

俗世を捨てたフランスの王族や高貴な方々が、尼僧として暮らしていたこともあるとか。

教会の中には、イギリス王ヘンリー2世と王妃、そして子供達が眠っています。

なんで、イギリス王のお墓がここに????

歴史に疎い私には、さっぱり訳が分かんない。

後で調べた所によると、かつて、この地はイギリス王の統治下にあり、ヘンリー2世はロワール地方で産まれ、亡くなったのもこの辺りだったんだそうです。

 

      海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

     海外旅行☆猫もひとりで旅にでる  海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 

お城等を巡るのがメインと思ってやって来たロワールですが、

ここは、フランスの庭園」と呼ばれるだけのことあって、景色もとっても美しい♪

美しく咲き誇ったひまわり畑や、

広い牧草地の草を食むのどかな牛達の姿。

 

   海外旅行☆猫もひとりで旅にでる  海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 そして、何よりもこのロワール川の美しいこと・・・ねこキラキラ

   海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

      海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

   海外旅行☆猫もひとりで旅にでる 海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

 主人はこのフランス旅行の中では、このロワール川の美しさが一番印象的だったんだそうです。

この日は、ホテルが経営しているレストランで夕食を食べる事に。

私がオーダーした魚料理。

タラ(多分)をソテーしたものにクリームソース。

ズッキーニと茄子を程よくソテーしたものが間に挟んであり・・・

オイスィー !!!きゃはっ

私のイメージしていたフランス料理って、まさにこんな感じっうまい

             海外旅行☆猫もひとりで旅にでる

この1品だけで13ユーロ。

やっぱり、フランスはレストランでの食事がお高いですね~。

物価は、日本やイタリアより間違いなく高いです。

でも、クウォリティーも高いような気がする。

 

フランスでガソリンを入れたイタリア人の友人が言ってました。

「フランスのガソリンは、イタリアよりちょっと高いけど、車が良く走る」

イタリアのガソリンは混ぜ物入れたり平気でしますからね。

 

イタリアは、値段以下の質だったりする事がよ~くあるんですけど、

フランスは、値段に見合った質も提供してくれる国。

そんな印象を受けました。

 

さて、明日はロワールからシャルトルへ移動で~す。

 

 つづく