読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

クレタ島1日目☆ハニアの町を散策

さて、無事にギリシャ旅行から戻って来ました♪にこっるん♪

5月下旬のギリシャ、すでにかなり暑いッお天気サンサン

太陽光線にジリジリと焼かれ、暑さに弱い私はバテバテでした。

ヴェネツィアトレビゾ空港からライアン・エアーの飛行機でクレタ島ハニア空港へは2時間半のフライト。

イタリアとギリシャの時差は1時間。

15時05分にハニア空港に到着~♪

ハニア空港は現在改装拡大工事中。

 

 

 

 

到着ロビーから外に出てハニア市内へのバスを探します。

あ、このバスだきっと。

 

  

   

              バスのチケット売り場↑で1人2.5€のチケットを購入。

 

空港から市内への所要時間は30分位。

概ね30分に1本位走っているみたいですね。

ハニア発着のバスのスケジュール はこちらを ご参照ください。

 

 

ハニアのバスセンターに到着。

 

 

このバスセンターからクレタ島内を走るバスが出ています。

クレタ島は鉄道がないので移動はバス頼みですが、結構便利で快適です。

こちら↓はハニア中心部の地図です。

 

 

観光客の皆さんは地図上で茶色く囲まれた旧市街を目指して移動します。

バスターミナルから旧市街の入口までは徒歩5分位。

旧市街地内は迷路の様に小さな小道が入り組んでいて車両は入れない所がほとんどです。

まずは、本日のホテルにチェックイン。

私が選んだのは『Xenon Apartments 』と言う名の小さなアパートメントです。

 

 

お部屋は小さいけどキッチンもついていてテラスが広い♡

ロフト部分にソファーとベットがあるんですけど、階段が急で上り下りがちょっと怖いなぁ。

旧市街の散策にはとっても便利な場所です。

朝食込みで1泊63€。

すぐ横の「e入a」(ギリシャ語なんて読むのか分からない)って言う名前の黄色いタベルナのオーナーさんが所有しているアパートメントなので、チェックイン/チェックアウトもそのタベルナのスタッフがお世話してくれます。

 

十分満足のいくアパートメントですけど、もう少しお財布に余裕があればこんなホテルが素敵かも。

ハニア観光のメインであるべネツイアンポートに建つホテルです。

エリエッタ スイーツ 』シーヴューのお部屋で1泊140€くらい。

お部屋のベランダからの景色も素敵♪

※写真はBooking.com のサイトから拝借。

バスセンターから歩くと…多分10分ちょっと。

 

ホテルの安心感がお好みの方にはこちらのホテル『ポルト ヴェネツィアーノ 』。

ヴェネツィアンポートに面していて1泊99€。※でもここからはべネツィアンの建物は見えないです。ホテルの前はヨットハーバー。

無料の専用駐車場もあるので車での移動に便利。

※こちらも写真はBooking.com から拝借。

 

 

さて、ハニアの旧市街地を散策しま~す。

クレタ島は1204年~1669年までべネツィア共和国の支配を受けていて、その後1669年~1913年まではトルコの支配を受けていたのでイタリアっぽさとトルコっぽさとギリシャっぽさがミックスされていて不思議な雰囲気です。

こちらは、べネツィア共和国統治時代の建物が残るべネツィアンポート。

 

  

 

べネツィアンポートに建つトルコ時代のモスク。 

旧市街地の中の迷路の様な小道を歩きます♡

こんな↓お土産屋さんやレストランが並んでいて覗いて歩くのが楽しいっ歩く

 

 

たくさん可愛いお店が並んでいてお散歩が楽しいんですけど、私のおススメは地図でオレンジ色に囲ったエリア。

ちょっと坂や階段を上ったり下りたりするんだけど、絵になる小道が入り組んでいて散策がとっても楽しいのです♪ねこ

 

  

ギリシャではペットの放し飼いが多くて、いろんな所で可愛いニャン仔やワン仔に出会えます。

椅子でお昼寝中のニャン仔、そんな大きなあくびすると顎がはずれますよ。

 

家のドアもちょっと趣があって素敵。

この日の夕食は、ぜひとも美味しい魚料理を食べたい!と思っていた私達。

トリップアドバイザーで調べたレストランに向かいます食事

でも、このレストラン旧市街から徒歩で20分位離れていてちょっと遠いんです。

 

 

NEACHORA BEACH前に建つタベルナ『Akrogiali 』にやっと到着。

 

時間かけてやって来て外したら嫌だなぁ・・・にゃと思いながらオーダー。

 

クレタ風サラダとヨーグルトの前菜タツイキ

イカにご飯を詰めた一品

 

私がオーダーしたエビをクレープで包んだ一品。

私が頼んだのに結局量が多すぎて食べきれなかったイカのフライ。

さて、お味は・・・?

とにかくどれもボリュームがあってオイスイ~♡

これにワインでお会計48€。

大満足の夕食でした。

主人は、今回の旅行でここのレストランが断然1番お気に召したそうで。

テーブルからはビーチに沈む夕日も見えて素敵なタベルナでした。

ハニアに行かれる機会があったら(ちょっと歩きますけど)熱烈おススメですネコの肉球2

 

 

 

翌朝。

朝食が含まれているので、例の黄色いタベルナで「クレタ風」の朝食を頂きます。

クレタ島の食文化は、ギリシャの中でも独特なんですって。

目玉焼きにものすごくミルキーなチーズののった一品。

チーズがものすごく濃厚っ。

                    

ギリシャのコーヒーってちょっと泥臭いっていうか・・・これもかなり独特です。

 

そしてなんかパイみたいなパンにハチミツをかけて食べるこちらの一品もかなりヘビー。

クレタ島で食べるお料理はどれもか~なりハーブが効いています。

色々な種類のハーブをどっさり入れるのが特徴みたい。

朝の胃袋を容赦なくズドンと刺激してくれるクレタ風の朝食。

一度お試しあれ。

夜まで胃袋が満たされます。

 

再びバスセンターに戻ってお昼の便でレティムノに向かいます。

 

次回はレティムノのお話を。

チャオ!