読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

クレタ島2日目☆レティムノの町を散策

さて、クレタ島2日目。

ハニアで1泊したアパートメントをチェックアウト。

再びハニアのバスセンターへバス

12時半のレティムノ経由イラクリオ行のチケットを買ってバスを待ちます。

私達のバスが来たので荷物を入れようとすると、バスの係員の人が「NO NO」と拒否。

・・・なんで?冷や汗にゃはてな

主人によると「乗客が多いから違うバスに乗れって」言われたらしく、「2号車があるのかな?」と主人とバスを見送ったのですが、2号車など現れず。

インフォメーションに聞くと「13時半のバスに乗れ」と。

・・・なんで?もうやだ~が~んはてな

チケットには12時半って書いてあるし、席番号もあるのに。

さっぱり訳が分からないけど、仕方なく1時間バスセンターで時間をつぶし、13時半のバスに乗りました。

ハニアからレティムノとイラクリオへのバスの時刻表はこちら をどうぞ。

 

 ハニアからレティムノへのバスの所要時間は約1時間。1人6.7€。

1時間に1本の間隔でバスが走っているみたいです。

 

バスに揺られてレティムノのバスセンターに到着。

バスセンターは、旧市街地からちょっと離れた海岸線にあります。

レティムノの地図↓

 

荷物を引きずって海岸線を石の要塞に向かって歩き、サッカー場を過ぎた所で右手に。

広場を左手に見て道を進むと白い教会↓にぶつかります。

この辺りが旧市街地の入口かな?

私達の宿泊したアパートメントは、この白い教会を正面に見て右手の小道を50m程進んだ所。

お~っ♪門構えが素敵だわぁ♡ねこ

 

今回も荷物を持って迷路の中をグルグル迷うと疲れるので、バスセンターに比較的近いアパートメントを選びました。

Casa dei delfini 」 ツイン1室60€。

小さなアパートメントだけど、中庭もセンスが良いし、お部屋も素敵♪

小さなキッチン付きで、部屋の作りはちょっとトルコ風。

  

 

バスルームも以前モロッコやトルコで見たトルコ風のお風呂を改装したもの。

 

部屋の小さなテラスからは中庭が見下ろせます。

 

 

お~、なんか楽しいなぁ(^ω^)

こんな現地の人達の生活がちょっと覗ける様なアパートメントは大好き♪

このアパートメント、とっても気に入りました。

ロケーションもとても良いし、夜も静かでおススメですネコの肉球2

 

では、レティムノの観光スタート歩く歩く

まずは、この町の要塞を目指します。

 

入場料1人4€。

ここは、かつてギリシャアクロポリスのあった場所に、ヴェネツィア共和国統治時代1537年に要塞が築かれました。

後の1646年にトルコの支配に入り、モスク等が建てられたそうです。

今も頑強な要塞とモスク、それに一部の遺跡が残っています。

この要塞を感慨深げに眺めるFabcinoさん考えてる顔

むふっ「スペインが新大陸を発見した当時、ヨーロッパの中でヴェネツィア共和国は一番力があったんだ」

むふっ「でも、こっち(ギリシャ)でトルコ相手に戦うのに忙しくてね」

ふ~ん・・「新大陸争奪戦に出遅れちゃったのね」

むふっコロンブスもイタリア人だったんだよ、知ってた?」

ふ~ん・・「あ~、それ一緒に映画観た時言ってたね」

むふっヴェネツィア共和国が新大陸発見に乗り出してたら、今頃世界の共通語はイタリア語だったかもね」

にゃ「・・・・」(それはちょっと嫌かも)

なるほどね~。その分かれ道でイタリアは歴史の表舞台から消えたわけかぁ。

 

 

おっ!遺跡の中で可愛いニャん仔を発見!

ギリシャは半野良ちゃんが多くてストリート・キャッツの絵葉書とかカレンダーがお土産さんに売られているんです。

 

要塞の見学の後は、レティムノの旧市街地を散策します。

レティムノにもベネツィアンポートがあるんですけど、ハニアよりは小さいですね。

 

  

その代わりバーやレストランが並ぶ海岸線が長い。

あれ、写真がないな。撮り忘れました。

 

 

それでは、迷路の様な旧市街地を歩きます。

モロッコのメディナにちょっと雰囲気が似てますね。

 

レストランもたくさん並んでます。

ギリシャの島では貝殻とか海綿スポンジなんかがお土産品として売られています。なぜかヘチマもね。

 

 

私も何か記念に壁に飾れるお皿とか、そういうのが思い出の一品として欲しいんだけどなぁ。

主人に言うと即却下なのでこっそりヘソクリもちょっと持ってきたのです笑う

 

 

 

玄関前にはたくさん植木を置いて飾るのがギリシャ流。

この家可愛い~♪

 

おっと、こんな所に行き倒れのワンちゃんがっ!ショック

・・・むむむ・・・あなた、息してる?

 

近くのカフェのお姉さんが「寝てるだけよ~」って言っていたので、多分大丈夫。

かなりご高齢のワンちゃんでした。

 

今夜の夕食は、城壁の近くの『Castelvecchio 』で頂きます。

ちょっと素敵なレストランですが、小さい子供さんも来ていて気軽に入れます。

 

クレタ風サラダ↑、ここのはイタリアのブルスケッタっぽい。タツィキ↑は主人の定番メニュー。

 

キノコ好きの私が選んだ一皿 ↑

 

 

スパイシーでハーブも効いていたミートボール↑

 

 エビにマヨネーズソース?のかかったお料理。

 

お料理がそれぞれに凝っていてここのお料理も美味しい。

お料理5品とハーフワインでお会計47€。

レストランの雰囲気も素敵だし、おススメですネコの肉球2

 

さて、翌日。

再びバスセンターに向かう途中。

私のハートをズキュンズッキューンと射止めたニャン仔ちゃんが・・・。

 

 

誰を待っていのかな~?

って思ってよくよくみたら、ここも小さなホテルでした。

 バスセンターにも近くて評判も良い小さなホテル『Sohora Boutique Hotel 』。

広場に面していてとっても分かり易い場所なので、迷路を迷いたくない旅行者にはおススメです。

 

 それでは、次はクレタ島最大の都市イラクリオンに移動します。

 

チャオ!