読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

紅葉に染まるプリトヴィツェ湖群国立公園☆1泊2日

クロアチア旅行2日目。

モトブンでトリュフを満喫した翌日、車で4時間弱の距離を移動です。

次の目的地は、プリトヴィツェ湖群国立公園

以前から主人が行ってみたいと言っていた世界遺産にも登録されている国立公園。

私達は紅葉の時期を狙ってやってきました♪

 

紅葉の時期って毎年同じって訳ではないので、10月のどの週末に行くべきか随分迷い…。

数年前は10月22日には紅葉もほぼ終わって初雪だったって・・・って記事も目にして迷いに迷い・・・。

今年はヨーロッパの夏は例年よりちょっと長かったし・・・。

この時期のプリトヴィツェは雨の日も多くて予定を立てるのが非常に難しい。

クロアチアの3週間予報で天気を確認し、国立公園に電話して紅葉の状況を聞いてみたりして、私達がプリトヴィツェ国立公園を訪問したのは10月23日。

天気予報でのお天気は曇り。

でも、贅沢言ってられないので、雨さえ降らなければ良しとしよう!

 

プリトヴィツェ国立公園に向かう途中、ラストケ(Rastoke)  と言う小さな村にちょっと寄り道。

この村はクロアチアの首都ザグレブプリトヴィツェ国立公園を結ぶバスのルート上にあるので、この村に立ち寄る旅行客は多いんです。

バス停もある駐車場に車を停めて、村の中心部まで5分程歩きます。↑駐車場から見える景色も美しいのですが、ここから見えるのは目指すラストケの村・・・ではありません。

 

村に入るのに入村料が必要・・・と言う情報もあったけど、団体客のみで個人の旅行者は無料なんですって。

ラストケの村の地図↑

美しい水の流れる川をまたぐ様に村が作られています。

 

夏は涼し気だけど、真冬は寒そう~っ。

レストランは2~3軒あるくらいで、宿泊できるアパートメントも数軒。

プリトヴィツェ国立公園の見学前後に宿泊するのも有りですね。

この村の中心に建つ伝統的な家屋→『Rooms Buneta』。1泊45€~

村の中心でとても良いロケーション。

f:id:makicina:20170127185128j:plain

 

本当に小さな村なので、散策も30分くらいで終了。

水の流れる音を聞きながら、のんびりと読書等楽しみたい人にはぴったりの可愛い村です。

 

散策の途中で出会ったにゃん仔。

 

このラストケの村から更に30分程のドライブで『プリトヴィツェ湖群国立公園』に到着!

この国立公園の周りには1泊50€位のお手頃な宿泊施設も結構あるんだけど、車が無いと不便です。

国立公園の中に宿泊するなら選択肢は3つ。

※3軒のホテルは公園【エントランス2】の前の道に並んで建ってます。

①『ホテル イェゼロ

公園の入口に一番近い大型ホテル。サウナやフィットネスも完備。1泊110€位~

②『ホテル プリトヴィツェ

公園の入口から100m位緩やかな坂を上った所にある。1泊90€位~

公園内のホテルの中では一番古いけどリノベーション済。       

③『ホテル ベルビュー』私達の宿泊した「ホテル プリトヴィツェ」のすぐ隣。

一番料金お手頃1泊70€位~。

ロッジみたいな雰囲気。バスルームは全室シャワーのみ。

 

体力に自信のない私は、今回、とにかく少しでも歩く距離を短く!と、公園内の3つのホテルでの宿泊にこだわりました。

公園内のホテルに宿泊すると、1日券で2日間公園内を見学できる特典(?)もあるんです。

 

夜になると気温も下がりそうだし、歩き疲れたらやっぱりバスタブでゆっくりお湯に浸かりたい・・・と言う訳で『ホテル プリトヴィツェ』のバスタブ付の部屋指定朝食付きツイン1泊朝食付98€に決めたんだけど、お部屋はかなり味気なく・・・主人は「この部屋で98€?!」とご不満のご様子。

確かにねぇ~。満足度の高いホテルではなかったですが、公園内の3軒のホテルはどこも似たり寄ったりみたいですね。

 

お部屋は結構広い↓

 

バスルーム↓

 

朝食は結構種類もあって十分満足。

 

公園の外で一番近いお手頃な宿泊施設は多分『ルームス ヴィラ ネナ』『ゲストハウス アカデミア ダニカ』この2つになるかな?10~20分エントランスまで歩く距離。

 

このプリトヴィツェ湖群国立公園へのアクセスはバスのみ。

ザグレブ/ザダル/シべニク/スプリトプリトヴィツェ国立公園【エントランス1】を結ぶバスが走っています。タクシーもあります。

バスの時刻表↓

左がプリトヴィツェ→ザダル/シべニク/スプリト行き

右がプリトヴィツェザグレブ行き

マーカーで記ししているのが出発時間。     

 

お目当ての紅葉は・・・と言うと・・・。

おお~美しいじゃないかぁ💛

 

この日は、ホテルにチェックインしてから公園の見学を開始したのが夕方4時半。

国立公園は6時に閉まるので1時間だけ夕暮れ時の国立公園の【エントランス2】周辺の上湖の周りを散策。

苔むして美しい…。水の音に癒されますね。

 

ほとんど人影もない公園内をのんびり歩くのは大変気持ちが良かった♪

夏のプリトヴィツェ湖群国立公園は観光客が多すぎて入場券を買うにも1時間待ち、ボートに乗るのに2時間待ち・・・なんてディズニーランド並みの混雑ぶりだそうです。

 

この日の夕食は、車で10分程の『Caffe & Bistro Plum』。

 

  

 

あまり期待していなかったんだけど、結構美味しい♪

貧血に苦しむ私は、今回のプリトヴィツェ国立公園を歩く為に旅行前から肉類を薬だと思って食べていたのですが、この牛肉のステーキ、昨日のレストランの牛肉より美味しい♡

上の写真の料理+ハーフワインで5,500円位。

 

 

 

次回は、大小16の湖と92の滝が本当~に美しい『プリトヴィツェ湖群公園』散策をもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

 

『【世界遺産プリトヴィツェ湖群国立公園☆1日散策』につづく