読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

【世界遺産】プリトヴィツェ湖群国立公園☆1日散策

クロアチア旅行3日目。

前回の記事に引き続き、紅葉に染まるプリトヴィツェ湖群国立公園の記事です。

 

この国立公園には、エントランスが2か所あり、広い公園内は徒歩とボートとバスで周ります。

※公園内の移動バスとボートは入場料に含まれています。ボートは利用制限有。

 

公園の入場料は、シーズンによってかなり変わるので、こちらで確認下さい。

私達が訪問した10月下旬は、1日券110クーナ(約1,700円)/2日券180クーナ(2,800円)

チケットには公園内の簡単な地図が印刷されていて、この地図を見ながら公園内を移動。

※写真↑をクリックするとちょっと大きくなります。

  

私達は、公園内の(☆地図上)ホテルに1泊して2日間で7時間くらい公園内を周りましたが、大体見所は全て周れたんじゃないかと。

3時間位で周りたい人は、地図の右側エントランス1に近い下湖エリアを廻るのがおススメ。

エントランス1を入ると、こんな滝が観光客をお出迎え。

 

そして、上から見るこの景色が一番のハイライト♪

人が小さく見える↑この歩道を目指して坂道を下ります。

さっき上から見た滝が間近に。 

 

下湖を2時間位かけて廻ったら、レストランのあるP3からボートに乗って地図左側の

上湖へ移動。

 

P3休憩所で見かけたワンちゃん。

ここに住んでるのかな?

 

 

上湖と下湖を結ぶボート

 

上湖に到着したら、地図上のピンクのライン内を廻ります(私達は1日目の夕方1時間でココを廻りました。)

 

 

そして、時間に余裕があれば地図上のST3まで足を延ばして、公園内の一番高いポイントまで散策。

 

 

ST3から公園内移動バスでエントランスまで戻ります。

 

真っ赤に染まるモミジはヨーロッパではほとんど見かけないので、日本の紅葉程色鮮やかではないですが、十分に美しい秋の紅葉を楽しめました!

階段や坂道は確かに多いですが、体力のないヘタレな私でも難なく歩ける国立公園です。

 

この日は夕方4時前に公園を後にして次の目的地「ザダル」に向かいます。

 

つづく