読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行っチャオ!海外!

イタリア人夫との世界アッチコッチ旅行記 (アメーバブログから引越ました!)

南イタリアの町④『ガリポリ』

最終目的地のガリポリに夜の8時に到着。
橋を渡って旧市街に入ります。旧市街の入口に建つお城。

 

旧市街の中で駐車場を探してグルグル周る羽目になったけど、なんとかチェックイン時間に間に合いました。
路上駐車できる場所もあることはあるけど、とにかく車が多くて駐車スペースを見つけるのに一苦労。
車で来るなら、旧市街に入る手前の港の駐車場が無料でスペースも広いです。

f:id:makicina:20170226200259j:plain

 

本日から5泊するのは『Residence Kalè』。シーズン・オフのこの時期は1泊50€の安宿ですが、夏の時期は1泊120€位になるみたい。
ガリポリの旧市街の中心で大変ロケーションの良いアパートメント。

      f:id:makicina:20170226200310j:plain

 


部屋も広くて快適。

f:id:makicina:20170226200431j:plain

主人はちょっと潔癖症なので「シャワーヘッドが汚い」とか「バスルームが寒すぎる」とかオーナーさんに文句言ってバトルしてましたけど。
結局、シャワーヘッドは取り替えてもらって、バスルームには主人が20€で買って来た小さな電気ストーブを置いて一件落着。
建物も古いし、多少のアラはあるけど格安で宿泊できたんだから目をつぶれば良いのに。
イタリア人は言いたいこと何でも言っちゃう人達なので、妻が制止した所で聞きゃしないんです。


ガリポリの旧市街には、こんなビーチもあるのでビーチ好きの人の長期滞在が多いんじゃないかな?

f:id:makicina:20170226200536j:plain

旧市街を出て5km位離れれば、もっと広いビーチもあります。

旧市街地の中心に建つドゥオーモ。

f:id:makicina:20170307001207j:plain

 
内部も結構豪華。

 

f:id:makicina:20170307001249j:plain

旧市街地は迷路の様に入り組んでいて、散策もちょっと楽しいです。

      f:id:makicina:20170307001313j:plain

 

主人は、今回でガリポリの町も3回目。海とビーチの好きなイタリア人には人気の町ですが、私の感想は…別に特別な町でもないんじゃないかと。
私達はガリポリを拠点に近くの町を車で周るので5泊もしちゃいましたけど。

 

到着した夜は、アパートメントのオーナーさんに教えてもらったレストランで夕食。
『Grotta marinara』

 

     f:id:makicina:20170307001952j:plain

私達以外にお客さんが居なくて妙に緊張しますね・・・。
人気のないレストランなのかも・・・って不安になったんだけどお料理はおいしい♪

 
大変美味しかった前菜2皿。

   

  f:id:makicina:20170307002201j:plain

  f:id:makicina:20170307002116j:plain

私のオーダーしたエビとマグロのカルパッチョ風↑。
久しぶりに食べる新鮮な生の魚がおしし~♪

  f:id:makicina:20170307002601j:plain

  f:id:makicina:20170307002648j:plain

 
新鮮な魚介類のパスタももちろん美味しい。これにグラスワイン×2でお会計60€。

クリスマス休暇中なので、多少観光客もいるのかな・・・って思っていたけど、冬のガリポリの町は閑散としてました。
しかも、寒い・・・。誰だよ、コートなんて要らないくらい暖かいなんてデマを流したのは?
行きたい方向に進めない程の強風。
ここ、南イタリアだよね?北イタリアより寒いんですけど?

このガリポリの旧市街地の入口には魚市場があって、生のカキ等がその場で食べられます。

f:id:makicina:20170307002920j:plain

私は毎日魚市場で新鮮な魚介類を買ってアパートメントで料理。
生でも食べられるって魚屋さんお墨付きの新鮮なエビ。
この量で10€!日本円で1,300円は安いっ!!

 

       f:id:makicina:20170307003002j:plain

 

あ~♪エビ・イカ・牡蠣が生で食べられるなんて本当に幸せ♪

f:id:makicina:20170307003110j:plain

新鮮な魚介類で作るとパスタもいつもより美味しいっ。
と、調子に乗っていたら後日酷い目にあいました。
その話は、もう少し後になるんですけどね。

イタリアでは新年のカウントダウンや花火で年越しを祝うので、ビーチ・リゾートのガリポリなら盛大なカウントダウンパーティーがあるんじゃないかと期待していたんだけど・・・。

花火は色んな所で小規模なものが上がることは上がっていました。

f:id:makicina:20170307003226j:plain


あれれ?こんなショボい花火で終わり?

この辺りでは、大晦日の夜に↓こんな張りぼての大きな人形を燃やすんですって。

 

      f:id:makicina:20170307003336j:plain

 

観光的要素はあまりない町ですが、海の近くでのんびりしたい方には人気の町『ガリポリ』。

旧市街の中で、しかもビーチの前にあるロケーションが良いホテルはこちら。
Casa Vacanze Isola di S. Andrea

 

ビーチの真ん前ではないけど、旧市街で海も見渡せるホテルはこちら。
Al Pescatore Hotel & Restaurant 』

 

f:id:makicina:20170309002853j:plain

 

 

次は『ガラティーナ』の町をご案内。